« PTA新作が動き出す | トップページ | レイチェル・ワイズが『ボーン』交渉中 »

2011/05/10

【レビュー】メアリー&マックス

大学生になって上京したてのころ、慣れない新宿の真ん中で街頭アンケートに答えたことがあった。その中の設問を今でも忘れない。

「人間は究極的に、孤独な存在だと思いますか?それとも、どこかで誰かと繋がっていると思いますか?」

当時の僕はなんの躊躇もなく「孤独」にマルをした。が、それは間違いだったと今では思う。実際、僕が孤独だと思い込んでいたものは、その孤独をを受け入れてくれる、周囲の温かな繋がりによって成立していた。僕は単に視界が開けてなくて、それが見えてないだけだった。

Mary_and_max_ver2_xlg_2 
メアリー&マックス』を観ながらどうしてそんな遠い日の記憶がよみがえったんだろう。これはオーストラリア・メルボルンに住む薄幸な10代の少女と、アメリカ・ニューヨークで暮らす40代の中年男性との20年間に渡る交流の物語だ。

少女メアリーはアルコール中毒の母親に育てられ、学校ではいじめられ、それでも人生はそんなものなのだと思っている。幸せな自分の姿をこれまで一度も見たことがないから。

そんな矢先、ふと湧きあがった疑問を誰かに尋ねようと想っても、尋ねるべき人がいない。彼女には友達がいなかった。

なので、ふいに破り取った電話帳に載っていた人物に手紙を出すことにした。まるでダーツの旅のような要領だ。受取人はニューヨーク在住のマックスという男性だった。

Maxマックスは独特な人だ。アスペルガ―症候群を抱え、不安が膨らむと心が爆発したきり戻ってこれなくなることもある。友人はいないようだ。唯一、部屋の隅からじっとこちらを見つめている人の気配を感じることがあるが、これは彼の病状がもたらすものらしかった―。

もしも彼らが新宿の真ん中で同じ質問をされたなら、いったいどう答えただろうか。躊躇することなく「孤独」にマルをしただろうか。あるいはメアリーはまだ孤独というものを知らず、「繋がっている」と答えただろうか。

この物語はビター・コメディと言わんばかりにふたりの運命に悪戯をしかける。ふたりは手紙を通して繋がろうとしたあまり、いつしかその手痛い代償を支払う羽目になる。言葉はときに誤解を生み、絶望を突きつける。唯一の友から返事が来ない地獄なんて、友を得る前には知るよしもなかったものだ。

だがここで不思議なことに気づく。主人公たちはこんなにも苦難の日々にさらされているのに、僕らはこの映画を観ながら、絶望とは真逆の、大きな希望さえ感じている。ふたりの姿を目の当たりにしながら、心が陽だまりの中へいざなわれていくのを感じる。なぜだろう。

Mary 答えは明白だった。クレイ・アニメによって綴られる語り口があまりに優しく、このカメラが、作り手のまなざしが、言葉を超えた映像の魔法で、彼らの孤独を柔らかく否定してくれるのだ。

僕らが客席に座りこの視点に同調すると、彼らへ注がれた作り手の愛情がとめどなく流れ込んでくる。長所はおろか欠点さえも、唯一無二の個性として描かれるこのひととき。ペンギン・カフェ・オーケストラの名曲"Perpetuum Mobile"に乗せて、日常における一挙手一投足から都市の全景に至るまで、そこに息づく生命をありのままに抱き締めていく視点がそこには介在する。彼らは孤独ではない。つねに誰かの大きな愛によってスクリーンに照射されている。

ある人はそれこそ神の目線というかもしれない。ときに作り手というものは神の肩代わりをさせられる。仮にアダム・エリオット監督がそう呼ばれるとしたら、彼は2人にとってあまりに慈愛に満ちた神様なのだった。

*******

マックスは確かにアスペルガ―という病を患っているかもしれない。だが、クレイの魔法とも言うべきディフォルメによって、そのハンディキャップはいつしか、一人の人間の類稀なる強烈な個性として成立している。そこには語り継ぐに足る個性豊かなキャラクターが存在するだけだ。

そうしているうちに、またどこかから"Perpertuum Mobile"の調べが聴こえてくる。

日常が波のごとく寄せては返す。

かつてポール・オースターは「事実とは時に小説よりも奇妙なもの。だからこそ、この日常が持つ、ウソのようなホントの奇跡を、小説にも取り入れてみたい」と語った。事実に着想を得て紡がれたという『メアリー&マックス』は、やがてそのラストで、オースターの言葉を踏襲するかのようなささやかな奇跡をもたらしてくれる。

ほらね、やっぱり孤独なんかじゃなかった。

見上げた空は、一面の絆で覆われていた。それはあまりにも美しい情景だった。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

映画の冒頭に流れるのはペンギン・カフェ・オーケストラによる"Perpetuum Mobile"。寄せては返すさざ波のように、絶え間ない時間の流れをミニマルに讃えながら、なぜかゆっくりと、やさしい気持ちに導いていってくれる不思議な楽曲です。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« PTA新作が動き出す | トップページ | レイチェル・ワイズが『ボーン』交渉中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51460486

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】メアリー&マックス:

« PTA新作が動き出す | トップページ | レイチェル・ワイズが『ボーン』交渉中 »