« ウォーレン・ビーティ、復活 | トップページ | 『ハングオーバー2』訴訟に決着 »

2011/06/21

クルーニー監督作、ヴェネツィア開幕作に

Clooney ジョージ・クルーニー最新監督作"The Ides of March"がヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品に決定したと数々のメディアが報じ始めている。ハリウッド・リポーターDeadline Hollywoodはそれぞれ関係者の確証を得たとして、映画祭の公式発表に先んじてこのニュースを速報している。

ボー・ウィリモンによる戯曲"Farragut North"を基にした今回の作品は、オハイオ州における大統領指名選挙をめぐってあの手のこの手で策を仕掛け、相手を出し抜こうとする両陣営の影のプロフェッショナルたちを描いたポリティカル・サスペンスだ。

クルーニー自身も大統領候補を狙う州知事役で出演。彼を支える陣営として、ライアン・ゴスリングが若き広報担当者を、フィリップ・シーモア・ホフマンが選挙対策本部長を演じる。またその対抗馬の選挙対策マネージャーにポール・ジアマッティ。そのほか、エヴァン・レイチェル・ウッド、マリッサ・トメイなどを擁し、どんな銃撃戦よりも熾烈な演技合戦となることが予想される。

クルーニーと、『ヤギと男と男と壁と』の監督&脚本グラント・ヘスロヴが共同で脚色を手掛けている。

アメリカではソニー・ピクチャーズの配給で、10月7日より公開。時期的に見て、確実にアカデミー賞狙いの気配が濃厚だが、さて4作目となるクルーニーの監督ぶり、まずはヴェネツィアの観客たちを大いに湧かせることができるだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ウォーレン・ビーティ、復活 | トップページ | 『ハングオーバー2』訴訟に決着 »

awards」カテゴリの記事

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51966881

この記事へのトラックバック一覧です: クルーニー監督作、ヴェネツィア開幕作に:

« ウォーレン・ビーティ、復活 | トップページ | 『ハングオーバー2』訴訟に決着 »