« アレン新作の全キャスト発表 | トップページ | クルーニー監督作、ヴェネツィア開幕作に »

2011/06/21

ウォーレン・ビーティ、復活

Beaty どうやら耕作の季節がやってきたらしい。伝説の映画監督と呼ばれたテレンス・マリックが『ツリー・オブ・ライフ』以降も精力的に映画作りを行っているように、こちらの大物、ウォーレン・ビーティ(74歳)も久しぶりに映画製作へと復帰することが明らかとなった。パラマウントのもとで耕す新作コメディで、ビーティは製作、監督、オリジナル脚本、主演をこなすという。現在、すでにキャスティングも進行中。

ビーティは1998年の『ブルワース』以降、監督作がない。また彼がパラマウントに返り咲くのは78年の『天国から来たチャンピオン』(オスカー9部門候補)、81年の『レッズ』(オスカー12部門候補/監督賞、助演女優賞、撮影賞受賞)以来のこと。

同社のCEOブラッド・グレイは「映画史に残る偉大なアーティストのひとりが我が社のもとに帰ってきてくれるのはたいへん光栄なことだ」と表明し、これから具体的に進めていくことになる彼の脚本について「まさにビーティー節。優雅な筆致であり、たいへん面白い」と語っている。その内容はまだおおやけにされていない。

本作は今年の暮れに撮影開始の見通し。

はたしてウォーレン・ビーティの名が、この激変してしまった時代に訴求力を持つのかどうか。大御所の新たな一手に期待したい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アレン新作の全キャスト発表 | トップページ | クルーニー監督作、ヴェネツィア開幕作に »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52002367

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレン・ビーティ、復活:

« アレン新作の全キャスト発表 | トップページ | クルーニー監督作、ヴェネツィア開幕作に »