« ミシェル・ヨーが入国拒否に | トップページ | モンティ・パイソン再集結 »

2011/06/28

【レビュー】BIUTIFUL ビューティフル

重ね合わせる手、一面の雪景色、懐かしい声の響き。男は言う。
「むかし、海のさざ波をずっと聴かせるラジオがあった。すごく怖かったんだ」
海の音、ざざざん。風の音、びゅうびゅう。
どう違う?
そして、あの向こうには何がある?どんな世界が待ってる?
BIUTIFL

302biutiful2010720pblurayx26415gb_2 
冒頭のシーンから心掴まれる、この2時間半の長い旅路。スペル間違いの英単語が、世界でただ一つの想いを形成する。そこに魂が息づく。するともはやBIUTIFULはひとつの概念や経験、遍歴、宿命ですらあるかのごとく身を貫く響きを持って、一概には言い切れない染みや汚濁さえ伴った“美しさ”を照らし出す。

さながらスペイン、バルセロナがひとつの身体のようだ。サクラダファミリアが顔ならば、その脚や手先の部分では影の社会がうごめく。ハビエル・バルデム演じる主人公もその影の住人だ。外国人の不法就労、闇市を斡旋し、パートタイムで死者の残した言葉を伝える。そう、彼はどういうわけか、そういう能力を与えられている。だが、彼自身、先が長くない。自分の生をどうすることもできない。死にゆく自分の言葉は、自分で伝えるしかすべがない。愛する子供たち。元妻。肌の色の違う外国人。兄。霊魂。そして自分が幼いころに死んだ、父―。

これまでギジェルモ・アリアガの脚本によって物語を織りなしてきたイニャリトゥ監督が、今回は彼の力を借りず、しかもトレードマークだった複数のエピソードを立体的に組み立てる手法から脱してみせる。じっとこの街から離れず、たったひとりの男の肉体から逃げ出すことなく、呼吸を刻んでいくのだ。

たしかに彼の作品を見続けてきた者にとっては多少なりとも不安がよぎるかもしれない。だが、いざ始まってみるとどうだろう。これまでに比べて大幅に狭められたこの場所で、カメラはむしろ世界にも増して広大な人生のフィールドを彷徨い、さらには世代から世代へ、魂を越えて受け継がれていく絶えまない連鎖をも浮かび上がらせていく。いわば、シンプルかつ強固な縦軸と横軸によって荘厳な神殿をこしらえたかのような、静かな圧倒が心に押し寄せる。

また各シークエンスの成り立ち方がどれも胸を揺さぶってやまない。決してトリッキーな手法を用いることなく、その場を構成するひとりひとりが個の足で立ち、それぞれの放出する空気を互いに絡ませることによって俄かな化学変化が生成されていく様を、実に粘り強い演出力で記録していく。ここではスタートの位置や終着地は大した問題では無い。要は、そのシークエンスにおいて各々がどれだけ心の変移を歩んだのか、それをいかに映像中の空気として映し取るのか。この一枚一枚、入念な層を織りなしていく生の迫力に、意識がくらむほど体力を奪われたし、深く傷も負った。それでも観客として長い長い旅を終えて、いま、ついにこの場に立ってる。そんな言い尽くせぬ到達感こそ、この映画の証なのだ。

僕の知っていたイニャリトゥは…かつて僕が臆面なく映画祭で出待ちしながら無惨にも無視されたイニャリトゥは、その手中にとんでもない微熱を讃えながら、今や僕の知らない、壁の向こう側へと行ってしまった。

海の音ざざざん、風の音びゅうびゅう。

どう違う?

そして、次はどんな世界が待ってる?

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ミシェル・ヨーが入国拒否に | トップページ | モンティ・パイソン再集結 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52048928

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】BIUTIFUL ビューティフル:

« ミシェル・ヨーが入国拒否に | トップページ | モンティ・パイソン再集結 »