« 『鉄の女』トレーラー登場! | トップページ | スペース・インベーダーが映画化!? »

2011/07/08

デル・トロ新作のストーリーとは?

菊地凛子の参加も明るみになったギレルモ・デル・トロの新作"Pacific Rim"。

映画サイトThe Playlistにはその初期脚本を目にした執筆者によるあらすじが記されている。今後大きな変更が施されることも考えられるが、とりあえず世界観だけでも押さえておこう。

洋上に現れた巨大なクリーチャーを倒すべく組織された防衛軍。彼らはビル並みの大きさを誇るロボット"Jaeger"で敵と戦う。パイロットは2名。特殊訓練を受けた彼らはテレパシーにも似た力を駆使して共にこれを操縦する。物語はチャーリー・ハンナム演じる主人公が戦闘中に相棒の兄を亡くす場面から始まる。エドリス・エルバ演じる司令官(もともとはトム・クルーズが演じる予定だったとか)は、彼の新しい相棒として、同じくJargerのパイロットで相棒を失ったばかりの日本人女性"Mako Mori"(これが菊地凛子の役と見られる)を選任する。話す言葉も違う彼らはなんとか意志疎通しながらミッションを推進していくことを迫られる。一方、その頃、チャーリー・デイ演じる科学者は巨大クリーチャーの出どころを突きとめるべく調査を進めていた―。

かくも見るからに均整の取れたアンサンブル映画になりそうな予感。トム・クルーズなどをキャスティングするとそれだけで製作費がかさむので、これらの俳優を起用することでできるだけVFXに予算を傾注しようという目論見なのだろう。前出サイトの執筆者曰く、「『アバター』と『インセプション』『ゴジラ』とその他ジャパニーズ・アニメの要素を融合させ、それを独自の方向に放射させたかのようなストーリー」とのこと。これらの情報に触れながら、個人的には「エヴェンゲリオン」を彷彿とさせるものを感じた。

撮影は秋ごろを予定。すでに公開日は2013年の7月12日と決まっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『鉄の女』トレーラー登場! | トップページ | スペース・インベーダーが映画化!? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52141357

この記事へのトラックバック一覧です: デル・トロ新作のストーリーとは?:

« 『鉄の女』トレーラー登場! | トップページ | スペース・インベーダーが映画化!? »