« デル・トロ新作のストーリーとは? | トップページ | アレン作、自身の最高興収を越えるか? »

2011/07/09

スペース・インベーダーが映画化!?

米ハリウッド・リポーター紙によると、1978年にタイトーによって開発され、大ブームを巻き起こしたアーケード・ゲーム「スペース・インベーダー」が映画化に向けて動き出したそうだ。手掛けるのは、これまで『トランスフォーマー』や『G.I.ジョー』を映画版として世に送り出してきた大物プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラと、オッド・ロット・エンタテインメント(今年のカンヌで監督賞を受賞した"Drive"の製作会社のひとつ)のジジ・プリッツカー。

監督や脚本家などは決まっておらず、肝心となるストーリーもこれから練られていくことになる。

「スペース・インベーダー」の要素は比較的シンプルで、宇宙から整列襲来するインベーダー(侵略者)という存在と、地球を守るプレイヤー。また、両者の間にはプレイヤーを守るブロックがあり、それに身を隠しながら敵にむかってレーザーを発射する。その発射音は決まってプシュン、プシュンでなければならない。そしてあの一度聴いたら忘れられないサウンド。

これらの要素さえ満たせれば、あとは『トランスフォーマー』的な壮大なスケールになろうが、『トロン』のようなメタ・ゲーム的な世界観となろうが、あとはフリースタイルで肉付けしていくことが可能なのではないだろうか。

とはいっても、このゲームに関しては過去にも幾度か映画化の企画は湧きおこったものの、どれも製作開始には至っていない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« デル・トロ新作のストーリーとは? | トップページ | アレン作、自身の最高興収を越えるか? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52158166

この記事へのトラックバック一覧です: スペース・インベーダーが映画化!?:

« デル・トロ新作のストーリーとは? | トップページ | アレン作、自身の最高興収を越えるか? »