« スパイク・リーに決定! | トップページ | 「バットマン3」ポスター登場 »

2011/07/12

F1界伝説のライバル役にこの男

以前もお伝えしたとおり、現在、70年代に火花を散らしたF1レーサーたちの伝説が着々と映画化に向けて歩を進めている。"Rush"と銘打たれた本作は“不死鳥”との異名を持つオーストリア人レーサー、ニキ・ラウダと、プレイボーイとして名を馳せたイギリス人レーサー、ジェームズ・ハントの物語。

そしてこのたびDeadlineによると、ハント役として『マイティ・ソー』のクリス・へムズワースが調整に入っているというニュースが入ってきた。これがもし順調に成立した暁には、来年初頭にも撮影が開始される予定。なお、ニキ・ラウダ役のキャスティングに関しては未定のままだ。

Rush
本作をめぐってはもともとポール・グリーングラスが監督を引き受けるかどうか検討していたものの、結局、離脱。その後、今度は『アポロ13』『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワードが検討に入り、いまや彼のイマジン・エンタテインメントがワーキング・タイトル社などと共に製作に参加する流れとなっている。

脚本には実話のドラマ化に定評のあるピーター・モーガン。『クイーン』や『ヒア アフター』、それにロン・ハワードと組んだ『フロスト×ニクソン』でも知られる彼は、本作"Rush"のほかにも、フレディ・マーキュリーの人生を描いた新作映画でも脚本を手掛けている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« スパイク・リーに決定! | トップページ | 「バットマン3」ポスター登場 »

NEWS」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【脚本:ピーター・モーガン】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52172495

この記事へのトラックバック一覧です: F1界伝説のライバル役にこの男:

« スパイク・リーに決定! | トップページ | 「バットマン3」ポスター登場 »