« 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 | トップページ | 『タンタンの冒険』新着トレーラー »

2011/07/11

北米興行成績Jul.08-10

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jul.08-10 weekend 推計

01 Transformers:Dark of the Moon $47.0M
02 Horrible Bosses $28.1M
03 Zookeeper $21.0M

04 Cars 2  $15.2M
05 Bad Teacher $9.0M
06 Larry Crowne $6.26M
07 Super 8 $4.83M
08 Monte Carlo $3.8M
09 Green Lantern $3.1M
10 Mr. Popper's Penguins 
$2.85M

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』がV2達成。ビッグ・デビューを果たした先週末に比べても興収の下落率は52パーセントと、まだまだその威力をキープしつづけている。その米興収の累計は製作費の1億9000万ドルを2週目にして楽々と超え、現段階で2億6100万ドル。すでに『ハングオーバー2』の記録を下し、2011年アメリカにおける興収NO.1作品の座を獲得している。

世界興収(世界全体)も6億4500万ドル。現時点で『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の10億1500万ドルに次ぐ2011年世界興収第2位。筆者もつい先週に試写してきたばかりだが、ほんとうに炎天下のバーベキューパーティー、真夏の食べ放題&飲み放題、カルビ十人前的な、パワーみなぎる映画に仕上がっていた。ジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ジョン・タトゥーロという芸達者な名優たちのコラボレーション、あ、そうそう、これに『ハングオーバー』シリーズでお馴染みのケン・チョンも登場。

Imagescayh40bd
やっぱりおかしな役で、楽しませてくれます。

Horriblebosses ■2位には初登場"Horrible Bosses"。なんということだろう。またもやR指定コメディがスパークしてしまった。本作は製作費3500万ドルとやや安上がりながら、関係者の期待値を上回る2810万ドルの興収を記録。『ハングオーバー2』→"Bridesmaids"→"Bad Teacher"の流れにまた新たな系譜が加わりそうだ。3人の会社員がそれぞれのボスをいっちょ殺してしまおうと計画を立てるのだが、それが思わぬ具合に空転して…。出演はジェイソン・ベイトマン、チャーリー・デイ、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、ケヴィン・スペイシーと豪華面々が揃い踏み。なるほど、最近のヒットの法則にはこの“アンサンブル”という要素が不可欠なようです。観客層は51パーセントが男性、そして64パーセントが25歳以上。

■一方、ファミリー・コメディはちょっと伸び悩んでいるようだ。ケヴィン・ジェームズ主演の"Zookeeper"は製作費8000万ドルにしてオープニング興収は2100万ドルにとどまった。この数字をどう受け止めるかは非常に微妙なところ。"Horrible Bosses"と同じ3000万ドル級の製作費ならばこの成績で万万歳だったのだろうが、来週以降どのような伸びを見せるのか、じっくり観察した方がよさそうだ。。観客層は52パーセントがファミリーだという。

ちなみに本作にも、あの男が顔を覗かせています。

Imagescayh40bd_2
ケン・チョンの活躍は目覚ましい。今回の興収ランキングではTOP15以内に彼の出演作が3つもエントリーするという神ワザぶり(トランスフォーマー、Zookeeper、ハングオーバー2
)。彼の飛び道具的立ち位置がバブルに終わるのか、それとも息の長いコメディ投手としてもっとドでかいことをやらかそうとしているのか。どっちに転んでも期待が高まります。

■4位は『カーズ2』。米国内での累計興収は1億5000万ドル達成間近。しかし製作費は2億ドルとまだまだゴールは遠い。しかしながら世界興収ではすでに2億7000万ドルにまで到達している。

■製作費2000万ドルの"Bad Teacher"は累計興収8000万ドル手前まで伸ばしてきた。ヒットの指標となる1億ドルの壁を突破できるかどうかひとつの鍵となることだろう。

Mr.Popper's Penguins"はようやく製作費の5500万ドルを国内興収のみで回収できた。とりあえずはおめでとうと伝えたいところだが、こちらも“ファミリー・コメディ”という括りで苦労していることを考えると今後の同ジャンルの先行きが不安になる。

■TOP10外ではウディ・アレンの"Midnight in Paris"が12位に。彼のキャリア中最大ヒット作『ハンナとその姉妹』(興収4000万ドル)を超えるまであと200万ドル足らず。このブログでもお伝えしたが、配給会社のブッキング担当者たちは『トランスフォーマー3』をはじめとする真夏のビッグタイトルがシネコンのスクリーン数を大量に奪っていく中、その中の僅かでも確保しようと必死になって電話を掛けまくっているようだ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 | トップページ | 『タンタンの冒険』新着トレーラー »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52172505

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Jul.08-10:

« 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 | トップページ | 『タンタンの冒険』新着トレーラー »