« 新「スパイダーマン」予告編、登場 | トップページ | アリーナ版「バットマン」開幕 »

2011/07/22

新生「スーパーマン」公開日が後退

Super『300』や『エンジェル・ウォーズ』のザック・スナイダーが監督を務める新生「スーパーマン」の公開日が2012年12月から翌年の6月14日へと後退することが発表された。

これは2012年末に「スーパーマン」と「ホビットの冒険」という2本の超大作を抱えるワーナーが、両者の公開時期を再検討したうえで、できるだけ両者のバッティングは避け、十分な時期を空けて臨もうとの意向に達した結果とみられる。

ワーナー・ブラザーズとレジェンダリー・ピクチャーズが製作する「スーパーマン」こと"Man of Steel"は、『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーランが製作を務め、同シリーズのストーリーになってきたノーラン&デヴィッド・S・ゴイヤーが原案も担当。

主人公のスーパーアン=クラーク・ケント役にはヘンリー・カーヴィル、そのほか出演者にエイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ダイアン・レイン、ケヴィン・コスナ―、それにラッセル・クロウ。今回は70年代の『スーパーマン2』に再度命を吹き込み、宇宙の極悪人ゾッド将軍(マイケル・シャノン)が飛来する趣向になる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 新「スパイダーマン」予告編、登場 | トップページ | アリーナ版「バットマン」開幕 »

NEWS」カテゴリの記事

【Hero】」カテゴリの記事