« カウフマン監督第2弾、決定 | トップページ | リス・エヴァンスが007出演を否定。そして起こったComic-Con後のハプニングとは? »

2011/07/23

「ジュラシック4やるよ!」と公言

Jura 先日からウワサだけが独り歩きしていた『ジュラシック・パーク』シリーズ復活について、スティーヴン・スピルバーグはサンディエゴで開催中のComic-Con2012の観衆を前に公式に「やるよ!」と認めた。スピルバーグによると「すでに脚本家がシナリオ執筆にあたっている。うまく行けば、2、3年以内には着手したい」とのこと。

この席では名前は明かされなかったものの、この脚本家とは『ザ・セル』『アイ・アム・レジェンド』『マイティ・ソー』、それに最近ではリメイク版『オールド・ボーイ』をも手掛けるマーク・プロトセヴィッチと見られている。

『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド』とスピルバーグが監督を務め、第3弾は『キャプテン・アメリカ』のジョー・ジョンストン監督へと引き継がれたこの人気シリーズだが、この新たに着手される第4弾が再びスピルバーグの監督作となるのかどうかもまだ未定のままだ。

VFX革命とまで言われた『ジュラシック・パーク』(1993年)の恐竜造型だが、あれからすでに20年近い月日が経過。技術も段違いに進歩し、恐竜なんてテレンス・マリックの『ツリー・オブ・ライフ』にまで平気で顔を出す存在と成り果ててしまった。さてスピルバーグ一味は、この待望のシリーズ復活により、いかなる新味をもたらすことができるだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« カウフマン監督第2弾、決定 | トップページ | リス・エヴァンスが007出演を否定。そして起こったComic-Con後のハプニングとは? »

NEWS」カテゴリの記事