« ハリウッドの暴動騒ぎ | トップページ | 北米興行成績Jul.29-31 »

2011/07/29

【レビュー】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

たとえばオプティマスから藪から棒に「お前はこの映画が好きか?」と聴かれたとする。僕はきっと「好きだ」と答えるだろうが、その言葉は責任感を伴わない極めて軽めのものだ。それこそ「はい、食べ放題コースは大好きです」と答えるような気軽さ。もちろん年齢とともに翌日の胃もたれはしんどくなるし、中性脂肪のつきすぎや、痛風の気にも注意しなければいけないのだが、この飲み会には飲み会なりの、質より量、参加しておいて別にソンはない、と思わせるチカラ技の魅力があるのだ。

Imagescajkx8zs
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』はそういう映画だ。世の評論家が言葉を尽くしてその大味ぶりを批判しても、スルリと身を交わして縦横無尽にハイウェイを滑走していくロボたちのように、あの灼熱のワシャワシャとした強引さを押しとどめるものはもうどこにもない。しかも冒頭こそ60年代の月面着陸から始まったかと思ったら、それに続く現代シークエンスはとことんアホだ。とくにあのビッチ娘ミーガン・フォックスから強制交代となった新ヒロインの登場する場面は苦笑してしまうほどとことんアホだ。なんなんだあのバーニーのぬいぐるみは。まるで米プレイボーイ誌のグラビア・ページのようで、あれは確実にマイケル・ベイの性癖をさらけ出していた(あんなのが好きなのか)。しかも劇中には我々日本人にとってはナーバスにならざるをえない場所での、まったくもってどうかしている銃撃戦が繰り広げられたりもする。ドキドキしていいんだろうか。ワクワクしていいんだろうか。不謹慎ではないだろうか。いや、いいんだろう。この瞬間だけは。

この細部の描写はともかく、ストーリー、とくに起承転結の「起」部分だけは気が効いている。思い返せば第2弾『トランスフォーマー/リベンジ』ではこの脚本がボロクソに批判されたものだった。これに対しマイケル・ベイ本人も否定はしない。「あれは本当にひどかった」という述懐の中で彼は、「あのときはちょうど脚本家協会がストライキに入るころでね。本当にありえない時間で突貫工事のようにストーリーをこしらえたんだ」と打ち明けている。これは「だからこそ今度の第3弾は自信を持って観客に提示できる」との意志表示だったのだろうが、なるほど、この言葉どおり、60年代以降のアメリカの歴史を絶妙に総括するような展開には魅力が光る。それにしても『X-Men ファースト・ジェネレーション』をはじめ、最近の大作映画がどこか宗教間の争いやテロリズムの匂いを払しょくした一昔前のノスタルジーを求めているように感じるのは気のせいだろうか。

Transformersdarkofthemoonimage4
また、今回のひとつの主軸となっている3D効果のほどは凄まじい。それこそ食べ放題コース以上の、灼熱のバーベキューパーティーだ。「この肉、もう焼けただろうか?」くらいの勢いで、金属野郎たちがワシャワシャと立体トランスフォームに余念がない。なんと言っていいのか、上記でこれほどマイケル・ベイをアホだと言いながら、こんなチカラ技を成し遂げてしまうのは凄いと思った。圧倒された。思わず肉、焼き過ぎた。こんな巨大ダムをこしらえるような所業はベイのような剛腕だからこそ可能なのであって、インディペンデント出身の繊細な監督であったり、あるいは日本人がいくら頑張って背伸びをしたって生涯ムリなんじゃないかとも思った。奇しくもベイとタイプしてたら「米」と出た。そう、この映画を観てると久々に「アメリカに負けた」と否応なしに感じてしまうのだ。

Directormichaelbaytransformersdarko
この3D撮影に挑むにあたり、マイケル米は1年間にわたり技術を学習したんだそうだ。この絶対に人任せにしない性格!コントロール主義者!そりゃ、ミーガン・フォックスが現場での彼を「まるでヒトラーみたいだ」と揶揄するわけだ。ちなみに世にある3D作品に関して「3D撮影」か「2Dからのコンバージョン」かでクオリティが大きく違うように思われがちだが、本作は『アバター』スタッフを大勢起用しての3Dカメラ撮影を行う一方で、手の込んだVFXの必要な場面では2Dカメラで撮影し、これを入念に3Dへとコンバージョンしていく方法が取られている。正直、この差は全く判別できず、一貫した熱狂と興奮を与えてくれる。

中でも見どころなのは、クライマックスの混沌とした、それこそスピルバーグの『宇宙戦争』&ヘンテコSF『スカイライン』を混ぜ合わせたかのような市街戦。とりわけ、あの予告編でもお馴染みの空中部隊が機体から意を決してダイブするシーンに尽きる。巨大ビル群の狭間を隊員たちがスーッ!!と立体的に滑空していく姿の美しさはまるで、胃もたれ中にハイと手渡された胃薬のように沁み渡ってくる。このシーンがもう少し長かったなら不覚にも涙がこぼれてしまっていただろう。

Transformersdarkofthemoon01
これだけ強調してもやっぱり「食い放題・飲み放題」は嫌だと言う人に対し、マイケル米はもうひとつの裏メニューを用意している。俳優コースだ。そもそも上司役のジョン・マルコヴィッチのあの使い方ときたら常人の発想では考えられないものだし、それにフランシス・マクドーマンドとジョン・タトゥーロというメンツが揃い踏みしている姿を見ると、いま目の前で展開している映像が万が一にもコーエン兄弟作品なのではないかという錯覚さえ覚えてしまう。加えてこれまで王子様たる起用が多かったパトリック・デンプシーのまさかのキャスティング。そして、最終兵器としての『ハングオーバー』で大ブレイクしたケン・チョンの投入。

この豪華メンバーで贈る灼熱の食いだおれ祭り。CGの金属ロボだけじゃない、人間だってキャラの強さだけでこれだけの馬力が出せるんだってことを証明してくれる。

さあ、推せるだけのポイントはすべて推してみた。これでオプティマスも「よくやった」と褒めてくれるだろう。

あとはあなたが颯爽と飲み会場へ足を運ぶだけだ。胃薬は持っただろうか。終電の時間はチェックしたか。もしものときに介抱してくれる人はいるだろうか。そして中年男性には飲酒後のウコン服用がおススメです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ハリウッドの暴動騒ぎ | トップページ | 北米興行成績Jul.29-31 »