« 史上最強のR指定女性コメディ誕生 | トップページ | 「キャプテン・アメリカ」のタイトル問題 »

2011/07/04

北米興行成績Jul.01-03

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jul.01-03 weekend 推計

01 Transformers:Dark of the Moon $97.4M
02 Cars 2 $25.1M
03 Bad Teacher $14.1M

04 Larry Crowne $13.0M
05 Monte Carlo $7.6M
06 Super 8 $7.5M
07 Green Lantern $6.27M
08 Mr.Popper's Penguines $5.1M
09 Bridesmaids $3.5M
10 Midnight in Paris 
$3.4M

■7月4日は独立記念日。このホリデー・ウィークエンドでの集客を見込んでトランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が全米4000館規模で公開。ボックスオフィス初登場NO.1に輝いた。

Images ここでの9740万ドルという数字はあくまで金曜~日曜の週末興収に過ぎない。通常の金曜公開ではなく、イレギュラーな火曜の夜に封切られた本作は、日曜日までに累計1億6200万ドルに達するものと見られており、独立記念日を含めた7日間興収は1億8000万ドルに届く見込みだ。製作費は1億9500万ドルと言われている。

本作をめぐっては多種多様な数字や記録が付随している。一つ一つを几帳面に扱っているとこの酷暑も手伝って頭が混乱してくるので、ここでは重要な点を3つだけ押さえておこう。

・初日(火曜の夜興行ではなく、その翌日にあたる)興収3720万ドルは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の3480万ドルを越え、2011年にける米初日興収記録。ただしこの数字は『トランスフォーマー/リベンジ』(2009)の初日興収6200万ドルには遥かに及ばない。(シリーズ第1作は2785万ドル)

・世界全体のオープニング興収(初日~日曜における世界興収の累積。作品ごと、国ごとに公開日はバラバラなので、あくまでその期間中に世界でどれだけ稼げたかの目安となる)は、3億7200万ドル。これは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(3億9400万ドル)、『スパイダーマン3』(3億8200万ドル)に次ぐ史上3位の記録。

・作品興収における3Dシェアが落ち込みをみせる米映画業界だが、本作では大きく持ち直し、全体の6割が3D上映からの売り上げとなった。ちなみにアメリカ国外だと、そのシェアは7割に昇る。

■2位には先週の覇者『カーズ2』。3Dスクリーンにおける『トランスフォーマー3』占拠率に影響を受けたのか、先週末に比べて下落率62パーセントとなった。国内の累計興収は1億1600万ドル。これを含めた世界興収は製作費とほぼ同額の2億ドル目前まで迫っている。

■3位にはキャメロン・ディアス主演のR指定学園コメディ"Bad Teacher"。製作費2000万ドルながら、累計興収はその3倍の6000万ドル間近にまで達した。

Crowne ■4位は初登場"Larry Crowne"。トム・ハンクス監督・脚本・主演と力の入った作品ながら、期待したほどの興収はあげられなかった。しかし劇場調査では観客の71パーセントが50歳以上、93パーセントが25歳以上という驚愕のデータが算出されており、まるで『トランスフォーマー』を受け付けない年配者たちがオルターナティブとしてこの作品を選んだかのようだ。緩やかかつ息の長い展開ができればよいのだが。製作費は3000万ドル。

■『SUPER 8』と『グリーン・ランタン』は共に累積興収が1億ドルを突破した。『SUPER 8』は製作費が5000万ドルゆえ、投資額と同額の利益を得たことになる。一方、『グリーン・ランタン』は製作費が2億ドル。あと1億ドルふんばって稼がなくてはならない。同作は世界興収もまだ1億3500万ドルほど。日本での公開は9月10日。"Mr.Popper's Penguins"もペタペタとペンギン歩きで少しずつ製作費を回収中。国内興収だけで5000万ドルまで到達。あと500万ドル分の歩を進めたいところだ。

■公開8週目"Bridesmaids"の達成した記録に関しては こちらのブログ記事にてご確認ください。

■公開7週目ウディ・アレンの"Midnight in Paris"は一時期の1000館に達する上映規模からはパワーを落としてきたが、その累計興収はついに製作費の3000万ドルを超えた。彼の作品がここアメリカだけで製作費をペイするのはとても珍しいことだ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 史上最強のR指定女性コメディ誕生 | トップページ | 「キャプテン・アメリカ」のタイトル問題 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52114070

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Jul.01-03:

« 史上最強のR指定女性コメディ誕生 | トップページ | 「キャプテン・アメリカ」のタイトル問題 »