« ハリポタ子役はなぜ順調に育ったのか? | トップページ | 『建党偉業』興収に不正? »

2011/07/07

スパイク・リーが『オールドボーイ』リメイク?

twitchによると、スパイク・リーが『オールド・ボーイ』のリメイク監督として交渉を進めているという。同様の企画は2008年にも浮上し、この時はスピルバーグとウィル・スミスが前向きに取り組んでいたものの、韓国のショーイースト社をめぐる権利問題のゴタゴタに巻き込まれ、あえなく頓挫してしまった。

今回再浮上してきた企画では、以前と変わらず『アイ・アム・レジェンド』『マイティ・ソー』のマーク・プロトセヴィッチによる脚本が生き残っているようで、権利問題をこじらせた韓国版『オールド・ボーイ』は除外したかたちで、あくまで土屋ガロン、峰岸信明による原作コミック「ルーズ戦記 オールド・ボーイ」に基づく内容となっている模様。

また、最初の映画化で名前の挙がっていたユニバーサル、ドリームワークスといった社名は消え、同記事内ではマンデイト・ピクチャーズのみが製作会社として名前を記されている。

とはいうものの、現段階でこのニュースを伝えているのはtwitchのみ。大手業界紙や米有力メディア・ブロガーらは沈黙を貫いており、何らかの裏が取れたという様子は伝わってこない。ここは過度な期待などせずに、気長に朗報を待ちたいものだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ハリポタ子役はなぜ順調に育ったのか? | トップページ | 『建党偉業』興収に不正? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52141715

この記事へのトラックバック一覧です: スパイク・リーが『オールドボーイ』リメイク?:

« ハリポタ子役はなぜ順調に育ったのか? | トップページ | 『建党偉業』興収に不正? »