« アリーナ版「バットマン」開幕 | トップページ | カンヌ監督賞"Drive"予告編 »

2011/07/22

“ボーン”最新作に追加キャスト

“ジェイソン・ボーン”3部作から派生するスピンオフとして「ボーン・レガシー(仮題)」という作品が進行しているのは以前にもお伝えしたとおり。本流がマット・デイモンだとすると、その支流とも言うべき「レガシー」のメインを担うのは『ハートロッカー』のジェレミー・レナー。彼もまた凄腕の暗殺者として洗脳&訓練されながら、ふと自分のアイデンティティに目覚める、もうひとりのジェイソン・ボーン的役柄を演じることになる。

トニー・ギルロイが脚本&監督を務める本作において、これまでのところ出演がウワサされているのは、レイチェル・ワイズとエドワード・ノートン。

そしてこのたびDeadlineによると、新たにオスカー・アイザックという俳優が仲間入りを果たすことになったようだ。

Oscar
彼の役どころは“記憶を消された暗殺者”役。しかしこれは単なる消耗要員ではなく、彼もまた主要なキャラのひとりとしての登板らしい(記憶が戻ってボーン一味の仲間入りを果たすかどうかは分からないが)。

同記事によると、実はこのアイザック、先に行われたスクリーンテストではジェレミー・レナーと共に主演候補としてリスト入りしていたという。結局そのときは役を奪取することは叶わなかったが、トニー・ギルロイ監督は彼の存在感を忘れることなく、後にこの別の重要な役で使うことを決断したようだ。

オスカー・アイザックはごく最近だと『エンジェル・ウォーズ』に出演するほか、ライアン・ゴスリング&キャリー・マリガン出演の"Drive"(本作はニコラス・ウィンディング・レフンがカンヌで監督賞を受賞)、マドンナ監督作"W.E."やチャニング・テイタム主演の"Ten Year"に出演。またマギー・ギレンホール主演の"Steel Town"の撮影が終了したばかり。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アリーナ版「バットマン」開幕 | トップページ | カンヌ監督賞"Drive"予告編 »

NEWS」カテゴリの記事