« 【レビュー】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン | トップページ | 『ダイ・ハード』監督探し、仕切り直し »

2011/08/01

北米興行成績Jul.29-31

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jul.29-31 weekend 確定

01 Cowboys&Aliens  $36.43M
02 The Smurfs  $35.61M
03 Captain America:The First Avenger $25.5M 
04 Harry Potter 7 Part2
$21.9M
05 Crazy,Stupid,Love. 
$19.1M
06 Friends with Benefits
$9.3M
07 Horrible Bosses 
$7.2M
08 Transformers:Dark of the Moon
$6.0M
09 Zookeeper 
$4.3M
10 Cars 2 
$2.3M

■ボックスオフィスに大異変が発生。僕のタイプ・ミスなどではなく、現在の推計段階において、ほんとうに、マジで、2作品が暫定1位の席に鎮座しているのだ。片方はダニエル・クレイグ&ハリソン・フォードが主演を務める『カウボーイ&エイリアン』、もう片方は3Dアニメ&実写『スマーフ』。両者は共に3620万ドルという数字を叩き出して、どちらが本当の勝者であるかの決着は、あす以降の興収確定にまで持ちこされることとなった。→その後、興収が確定され、僅差にて『カウボーイ&エイリアン』が勝利しました。

Boyssmurf
■『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督が手掛ける『カウボーイ&エイリアン』はカルト的人気を持つビジュアル・ブックをベースに西部劇とSFアクションという2種類のエッセンスを果敢に融合させた作品。製作費に1億6300万ドルかかっており、当初スタジオ側はこのオープニング興収を4500万ドルほどと踏んでいたのだが、この基準からするとやや期待を下回る結果か。その理由には観客の年齢層の高さが挙げられる。出口調査によると全体の75パーセントが25歳以上、さらに39パーセントは50歳以上とのこと。

仮に構成年齢層がティーンの場合、興収の波は封切と同時に訪れ、翌週の落ち方は激しくなる。が、年齢層が高いと分散型となり、封切時の波が抑えられる分、翌週の落ち方も少なくなる。『カウボーイ』は後者の傾向が強そう。次週の興行成績も注視したいところだ。

■一方の『スマーフ』はコミック・ブックに登場して以来、すでに半世紀以上が経過するキャラたちの大冒険。1980年代のテレビシリーズでも人気を博した。製作費は1億1000万ドルに昇る。こちらは前者と逆で、当初の興行予測ではもっと低い数字が伝えられていたのだが、フタを開けてみると、カウボーイに匹敵する夕陽の輝きを全身に浴びる結果となった。観客の65パーセントは家族ぐるみでの来場とのこと。気になる3Dシェアは45パーセント。

■『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』は先週首位を独走してスパークした分だけ、今週は数字が急激に下降。62パーセントほどダウン。だが累計興収は好調で、早くも1億ドルを突破した。4位の『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』は3週目にして累計興収3億1845万ドルに達した。この瞬間、第1作目『賢者の石』の3億1760万ドルを越え、シリーズ最大興収を更新。世界興収はすでに10億ドルを突破している。

■スティーヴ・カレル&ライアン・ゴズリング主演の「PG-13」指定のコメディ"Crazy, Stupid, Love"は5位スタート。思いのほか多くの女性客を動員し、その占める割合は全体の64パーセント。また、観客の7割が25歳以上だという。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は国内累計を3億3789万ドルとした。現在までのところ、まだかろうじてアメリカにおける2011年最大興収の座をキープしているが、後を追う『ハリー・ポッター』との差は確実にジリジリと縮まっている。なお、本作の世界興収も今週中には10億ドルを突破する見込み。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン | トップページ | 『ダイ・ハード』監督探し、仕切り直し »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/52227890

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Jul.29-31:

« 【レビュー】トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン | トップページ | 『ダイ・ハード』監督探し、仕切り直し »