« 父コッポラ最新作トレーラー到着! | トップページ | 幻のヒッチコック関連作、発見 »

2011/08/04

もっとも稼いだハリウッド男優は?

Leo_2  米フォーブス誌が「もっとも稼いだハリウッド男優」のランキングを発表している。調査の対象期間は2010の5月から翌年5月まで。担当記者が該当俳優のエージェント、弁護士、プロデューサー、その他の関係者に話を聞いたうえで総合的に推計を算出しているそうだ。なお稼ぎの金額は税引き前のもので、関係者に支払われる仲介手数料や雑費などもここからさらにしょっ引かれていくことになる。

と、これらの前置きを踏まえた上で、栄えあるランキングの頂点に立ったのは、レオナルド・ディカプリオだった。彼は昨年の5位からの4ランク・アップ。『シャッター・アイランド』『インセプション』といった2大ヒット映画に出演し、ギャランティーやリベート等を含めるとその金額は7700万ドルに昇る。

ちなみに7700万ドルがどれほどの額かというと、これだけで『ハングオーバー2』が丸々製作出来てしまうくらいのレベル。逆にいうと、これ一本製作するとすべて泡と消えてしまう額でもある。

では2位は誰か。昨年の1位よりワンランク・ダウン、ジョニー・デップだ。5000万ドル。『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の米公開が5月20日なので、世界興収10億ドルを達成した本作のリベートなどはこの数字に含まれないものと思われる。そのほとんどは『ツーリスト』『ランゴ』、それに『アリス・イン・ワンダーランド』のリベートなどによるものか。おそらく来年の今頃はふたたび1位へ返り咲いているのではないだろうか。

3位以下は、アダム・サンドラー(4000万ドル)、ウィル・スミス(3600万ドル)、トム・ハンクス(3500万ドル)、さらにはベン・スティラー、ロバート・ダウニーJr.、マーク・ウォルバーグ、ティム・アレン、トム・クルーズと続く。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 父コッポラ最新作トレーラー到着! | トップページ | 幻のヒッチコック関連作、発見 »

NEWS」カテゴリの記事