« 【レビュー】 モールス "Let Me In" | トップページ | バットマン撮影風景がWEBに登場 »

2011/08/08

北米興行成績Aug.05-07

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Aug.05-07 weekend 推計

01 Rise of the Planet of the Apes $54.0M
02 The Smurfs $21.0M
03 Cowboys & Aliens $15.7M
 
04 The Change-Up $13.5M
05 Captain America: The First Avenger $13.0M
06 Harry Potter 7 Part2 $12.2M
07 Crazy, Stupid, Love. $12.1M
08 Friends with Benefits $4.7M
09 Horrible Bosses $4.6M
10 Transformers: Dark of the Moon 
$3.0M

■ついにやってきた。伝説的シリーズ、再び。どこまで本気でシリーズ再起を図ろうとしているのかイマイチ謎な部分も多い『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』が米ボックスオフィス初登場NO.1を獲得。しかも2位以下に2倍以上の興収差をつける圧勝ぶりだ。興収5400万ドルというと、同じフォックス作品では初夏の『X-Men:ファースト・ジェネレーション』(5500万ドル)とほぼ横ばい。まさかここまでいけるとは誰も予想しなかったろう。

作品の評価も軒並み高い。ここ最近、評論家と観客との間に異なる評価が生まれることが多かったが、今回はそのどちらにも支持されている。その後の観客による口コミも着実に浸透しており、通常のハリウッド大作ならば初日・金曜に比べて土曜は比較的数字を下げるところを、本作に関してはその下げ幅が2パーセント程度にとどまるという強さを見せつけている。

劇場の出口調査によると、観客層の56パーセントは25歳以上だが、全体的にはあらゆる世代に満遍なく行きわたっているとか。女性客も46パーセントを占めており、男性一辺倒というわけではなさそうだ。製作費は9300万ドル。

しかしこれほどの高評価であっても、2001年のティム・バートン監督作『PLANET OF THE APES/猿の惑星』のオープニング興収6853万ドルは越えられていない。

Riseoftheplanetoftheapesmovieposter
シリーズ第1作『猿の惑星』に連なる“プリークエル(前日譚)”にして、この地球上でいかにして猿が蜂起したかに迫るこのスペクタクル。今回の猿たちはお馴染みの“着ぐるみ”ではなく、ピーター・ジャクソン率いるウェタ・デジタル社がモーションキャプチャー技術によって生みだした最新鋭のCGキャラ揃いだ。その先頭に立つ“シーザー”を演じるのは『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラム役としても名高いアンディ・サーキス。一方の人類代表には『127時間』のジェームズ・フランコと『スラムドッグ・ミリオネア』『ミラル』のフリーダ・ピント。そしてあの『ハリー・ポッター』のマルフォイ役トム・フェルトンも出演している。監督を務めるのはイギリス映画"The Escapist"が高評価を得たルパート・ワイアット。

■2位は『スマーフ』。先週の今頃『カウボーイ&エイリアン』とのデッドヒートを繰り広げ、結局のところ敗北を喫した本作だが、それらの週末興行とは裏腹にウィークデイに入ると『スマーフ』の圧勝が続いていた。ゆえに今回の2週目での順位逆転は、ボックス・オフィス・ウォッチャーの誰もがが納得するところだ。しかも先週末に比べての下げ幅は41パーセントと下げ止まりが働いている(通常ならば50パーセントほど下げる)。累計興収は7600万ドル。製作費は1億1000万ドル。

■3位の『カウボーイ&エイリアン』は先週末比56パーセント落ち。その観客を構成する世代が高かっただけに、2週目以降の下げ止まりが期待されていたのだが、それほど強くは働かなかったカタチだ。累計は6740万ドルほど。製作費1億6000万ドルにはまだ遠い。

■今週初登場のコメディ"The Change-Up"は4位スタートとなった。『グリーン・ランタン』のライアン・レイノルズとジェイソン・ベイトマンの身体が入れ換わるコメディ。"The Hangover2""Bridemaids""Bad Teacher""Horrible Bosses"とR指定コメディの隆盛するハリウッドにおいて「もう一つの起爆剤」となるか期待されたが、そこまでの訴求力は発揮できなかった。観客の半数は30代以上。そして観客の6割が女性客。製作費は5200万ドルと、この手のジャンルにしてはちょっとだけ割高。

■5位の『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』だ。は3週目にして製作費の1億4000万ドルをちょうど突破したところ。これは『マイティ・ソー』と同じペース。これでようやく安心して次回作『アベンジャーズ』へとバトンを繋げるか。6位の『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』は累計興収3億4280万ドルに達した。これに追われる側の「2011年最大ヒット」の座にとどまる『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は6週目の累計興収を3億4400万ドルとした。あと僅かでポッターに抜かれる!がんばれ!

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】 モールス "Let Me In" | トップページ | バットマン撮影風景がWEBに登場 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事