« バート&アーニー、ふたりは同性愛? | トップページ | ディズニー『シンデレラ』の監督にマーク・ロマネク? »

2011/08/13

ジョナサン・デミがキングの最新小説を映画化

『羊たちの沈黙』『フィラデルフィア』のジョナサン・デミ監督が、ホラー小説の帝王ことスティーヴン・キングによる小説"11/22/63"の映画化権を獲得したことが分かった。

Kinganddemme
え?この小説のタイトルさえ知らない?それもそのはず、これは今年の11月に発売予定の1000ページから成る長編ミステリー。とある国語教師がタイムスリップしてジョン・F・ケネディの暗殺を食い止めようとする物語になるらしい。本作にはケネディやエルビス・プレスリーをはじめ60年代のアイコンが幾人も顔を覗かせ、そして主人公は、ハイスクールで司書を務める女性と運命の恋に落ちる-。

デミは監督のみならず、脚本、製作をも手掛ける予定。資金集めや配給探し等、これから本格化していく。そして本作がうまく製作の軌道に乗った暁には、キング自身も製作総指揮として参加する構えを見せている。

『キャリー』や『シャイニング』、果ては『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』などキング映画が軒並み脚光を浴びた80年、90年代からしばらく経ち、いま再び、彼がらみの映画の“仕込み”のシーズンが訪れている。

『ダーク・タワー』を映画3部作&TVシリーズとで壮大に映像化しようというロン・ハワード監督(『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』)の目論見が大手ユニバーサルの撤退により棚上げになってしまったことは先日もお伝えしたとおり。この新たな製作スタジオ探しが今なお地道に続けられる一方で、『ハリー・ポッター』シリーズを完結させたばかりのデヴィッド・イェーツ(監督)&スティーヴ・クローヴス(脚本)はキングの「ザ・スタンド」を映画化する準備を進めている。

またワーナー・ブラザーズでは「It‐イット‐」の映画化に向けて歩を進めており、はたまたTV界ではピアース・ブロスナン主演で「骨の袋」(Bag of Bones)を4章からなるミニ・シリーズとして製作することが決まっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« バート&アーニー、ふたりは同性愛? | トップページ | ディズニー『シンデレラ』の監督にマーク・ロマネク? »

NEWS」カテゴリの記事