« 【NEWS】ゴーストバスターズは来年撮影? | トップページ | 【NEWS】スコセッシが『熱い賭け』をリメイクか? »

2011/08/27

【レビュー】ハンナ

あのジョー・ライト監督がアクションに初挑戦する。『プライドと偏見』や『つぐない』など文芸ロマンの映像化で卓越した手腕を発揮しアメリカ進出した『路上のソリスト』では音楽を媒介として心の中に映り込む音色を映像化するという荒業さえ披露した彼。かくも少しずつ枠組みを広げつつある彼が、『つぐない』のシアーシャ・ローナンをふたたび主演に迎えて放つ今作『ハンナ』は、以前より言われていた“ボーン”シリーズのような激しいアクションというよりは、ジョー・ライトにしか生み出しえないアクション、もっといえば音楽アクション・ファンタジーとさえ言わせてもらいたい異色作だ。ごく一般的な王道アクションの免疫しかない観客にとってはかなりの肩すかしを食うことは確実ながら、ずっと彼の作品を観察してきたファンたちにとっては少なからず「これからも見つめ続けていきたい」とする手ごたえを感じることだろう。到達者であるよりは開拓者、完成された器であるより未完の不気味さであることを讃えるべき映画なのかもしれない。

Hanna_2 
驚くほどにこの映画のテーマは、『路上のソリスト』以上に“音楽”なのだった。

本作の音と映像の絡み合いを受けてまず心に蘇るのは、『つぐない』の冒頭でシアーシャ・ローナンが打ち続けるタイプライター音と劇判とが静かに融合して鼓動を刻むあの感覚だ。あの頃から、いやもっと昔から、ジョー・ライトは音楽に対してストーリー以上のこだわりを見せてきたのかもしれない。そして今回はタイプのカタカタ音をもっと激しくドライブさせたかのようなケミカルブラザーズのサウンドトラックが映画の通奏低音を成す。どちらかというと、こちらが先に完成し、それにジョー・ライトが映像を載せていったような印象さえも残る。

Ronan_2
雪と氷に閉ざされて暮らしてきたハンナ父娘が復讐のスイッチを押し(あれこそ音楽の再生ボタンだったのだ)どんどん文明社会へと踏み込んでいく過程で、スクリーンには一気に音と情報と動きとが流れ込んでくる。それは過酷な自然を生き抜いてきたヒロインがラビット・ホールに落ち込んで触れる未知なる世界の衝撃のようなもの。どんどん音が生まれていく。ケミカルの音楽はその言い知れぬ心象を代弁し、ときに彼女の心を奮い立たせて再び疾走へと駆り立てていく。そして行き着く先には悪い魔法使いのごときケイト・ブランシェットが仁王立ちして待ち構える。

Hannamoviecateblanchett1600x398_2
それはこれまで「音楽」というものを百科事典でしか知りえなかった少女が、ひとつのオリジナルな音符として起ち、他者と激しくぶつかり合うことによって様々な音色を奏でていく姿でもある。とりわけどんなアクションシーンにも増して、彼女が親切な老人によって提供された部屋でおっぱじめる“演奏”にはジョー・ライトらしさを感じる。走る、跳ぶ、話す、息をする。すべて音楽。こういうごくありふれた日常を視点を変えて“変換”してくれる描写があるからこそ彼の作品を見続けることがやめられないのだ。

そんなハンナがやがて巡り合う、おませな少女とやんちゃな弟は、まるで『つぐない』の幼い姉弟が姿を変えて蘇ったかのようだ。彼らのヒッピーな父母を演じるオリビア・ウィリアムズ&ジェイソン・フレミングらも、『ハンナ』のメロディを展開させる軽妙な要素を成している。彼らを追う殺し屋を『プライドと偏見』で最も味のある役回りを担ったトム・ホランダーが怪演しているのも見どころのひとつ。

また、長回しシーンも用意されているから油断できない。駅に降り立った父親(エリック・バナ)が多くの追手を地下駐車場に連れ込み一網打尽にするシーンは、まさにジョー・ライトの代名詞とも言うべき肺活量の大きさを印象付ける部分だろう。

かくも『ハンナ』はジョー・ライトの系譜で見たときにはじめて意味を成す。

次回作の彼は大御所トム・ストッパードの脚本をもとにキーラ・ナイトレイとシアーシャ、それにアーロン・ジョンソン、ジュード・ロウを迎えてトルストイの「アンナ・カレーニナ」を奏でる。彼の最も評価の高い文芸路線へと舞い戻るわけだが、それにあたって『路上のソリスト』と『ハンナ』は絶好のリフレッシュの機会であり、実験的な要素も多分に持ち合わせた場所となったのではないだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ゴーストバスターズは来年撮影? | トップページ | 【NEWS】スコセッシが『熱い賭け』をリメイクか? »

【新感覚アクション】」カテゴリの記事

【監督:ジョー・ライト】」カテゴリの記事