« 幻のヒッチコック関連作、発見 | トップページ | ショート・サーキット、再び! »

2011/08/05

ソダーバーグが第2ユニット監督に!

Steven『オーシャンズ11』や 『トラフィック』をはじめ数々の監督作を残し、なおかつ映画プロデューサーとしても広く名前を知られているスティーヴン・ソダーバーグが、ここにきて"The Hunger Games"のヘルプに駆けつけることになった。

しかも監督、プロデューサーではなく、なんと第2ユニット監督として・・・。

The Playlistを皮切りにネットでも拡がりだしたこの報だが、もともとは映画スタッフがツイッターで「なんてこった!ソダーバーグが第2ユニットを監督しにやってくるってよ!」などと投稿したことで明らかとなった。その後、ネット上だけでなく、ちゃんとした関係者への問い合わせが行われた上で、これが事実であることが確認されている。

"The Hunger Games"の監督を務めるゲイリー・ロスはもともとソダーバーグと旧知の間柄で、かつてロスが手掛けた『カラー・オブ・ハート』ではソダーバーグがプロデューサーを務めている。また"Hunger~"のプロダクション・デザイナーを務めるエディー・ミルズがソダーバーグの常連コラボレーターだということも大きな要因として挙げられるだろう。

ソダーバーグが第2ユニット監督を率いることになった経緯は不明だが、ほんとうに人材不足で彼の助けが必要になったのか、あるいは"Contagion""Haywire"の公開を控えるソダーバーグにとってこれが絶好の話題作りの場になりうるとの算段なのか。はたまた、以前より「50歳の誕生日を前に映画監督から引退する」と宣言している少々ナイーヴなソダーバーグ(現在48歳)を、仲間たちができるだけ映画現場に連れ出し、「ね?映画って楽しいだろ?」と暗に思いとどまらせてくれている・・・なんて可能性もゼロではない。

しかしそれにしても"The Man from U.N.C.L.E"、"Magic Mike"、"Liberace"など、今後のソダーバーグの監督待機作はまだまだてんこ盛り状態だ。今後、彼の映画が大ヒットに見舞われ、「ふと気付くと55歳になってました(笑)」的な流れになるのがいちばんだと思うのだが。さて運命はソダーバーグに微笑んでくれるだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 幻のヒッチコック関連作、発見 | トップページ | ショート・サーキット、再び! »

NEWS」カテゴリの記事