« 【NEWS】ビートルジュースと、売れっ子作家の今後 | トップページ | 【NEWS】ウィリアム・テル3D、監督決定 »

2011/09/08

【NEWS】スピルバーグ、新作SFでFOXと組む

Robo 今年の暮れに『戦火の馬』『タンタンの冒険』という2本の監督作を世に放つスティーヴン・スピルバーグ。その次回作『リンカーン』の、更なる次回作"Robopocalypse"がドリームワークスと20世紀FOXとの共同製作になることが明らかとなった。配給に関しては米国内をディズニーが、海外をフォックスが担当する。

本作は、近い未来、ロボットたちの反乱により徐々に追い詰められていく人類の運命を綴ったSF黙示録。ダニエル・H・ウィルソンによる原作小説は今年の6月に出版されるやニューヨークタイムズのベストセラー・リストに食い込むほどの反響を見せている。

スピルバーグ率いるドリームワークス一味はこれに前々から目を付け、出版前に映画化権を取得。昨年の10月ごろにはこれをスピルバーグ自らが監督する方向で調整が始まっていた。脚本は『クローバーフィールド』や「LOST」シリーズのドリュー・ゴッダード。来年早々にも撮影が開始される予定だ。

スピルバーグがFOXと組むのは実に久しぶりのこと。今のところFOX作品『マイノリティ・リポート』でも組んだトム・ロスマン、ジム・ジアノプロスといった大物プロデューサー陣の参加も決まっている。

スピルバーグとFOXはちょうど1年ほど前にもピュリッツァー賞受賞の名作戯曲で1950年に映画化もされたジェームズ・スチュワート主演『ハーヴェイ』のリメイク企画を始動させていたが、主演候補をめぐってキャスティングが難航し、あえなく頓挫している。

"Robopocalypse"の米公開日は2013年7月3日。同日公開のライバルとしてはユニバーサルの『怪盗グルーの月泥棒2』が名乗りを上げている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ビートルジュースと、売れっ子作家の今後 | トップページ | 【NEWS】ウィリアム・テル3D、監督決定 »

NEWS」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事

映画業界」カテゴリの記事