« 【メモ】コリン・ファース「アクターズ・スタジオ・インタビュー」 | トップページ | 【NEWS】ゲイリー・オールドマン、新たな監督作を構想中? »

2011/09/06

トリアー新作はステランが主演?

Larsカンヌ映画祭で前代未聞の追放処分を食らったことが記憶に新しいラース・フォン・トリアー。結局、映画祭の授賞式ではトリアー作品『メランコリア』に主演したキルスティン・ダンストが女優賞を獲得するなど、彼の奇行も映画の評判を落とすほどまでには至っていないのが実情なのだが、そんな彼の次回作"Nymphomaniac"はトリアーの言を借りると「ポルノ・フィルム」とのことで、またもや多方面で物議を醸さないか心配にもなってしまう。

実はこの「ポルノ・フィルム」の話、カンヌで問題となった「ナチス発言」のちょっと前に、あの会見上で触れてもいたのだ。伝え聞くところによると本作は「女性のエロティック・ライフについて0歳から50歳までの変移を描く」という、やっぱり彼ならではのかなりぶっ飛んだ内容になる模様。現在、トリアーは彼と同世代の女性らにエロス話を聴くなどして鋭意取材中のようだが、盛り上がりすぎて「もっと取材がしたい」とも言いだしているご様子だ。

Stellanともあれ、ここからが本題なのだが、E! onlineによると、ハリウッド大作からヨーロッパの名画にいたるまで数多くの映画で主に“堅物”な役柄を演じる北欧出身の俳優ステラン・スカルスガルドのもとに、ある日トリアーから電話があったそうだ。トリアー曰く、

「よう、ステラン、俺の次の作品はポルノ・フィルムなんだけど、ぜひ君に主役を演じてもらいたいんだ」

この多忙な俳優がまだ脚本も出来あがらぬうちからその話に応じたのかどうかは分からない。が、『奇跡の海』をはじめ数々の作品でコラボレーションを重ねているラース&ステランだけに、このオファーも受けて立つのでは?と期待される。いや、題材が題材だけに、期待ってのもちょっと違うが。。。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【メモ】コリン・ファース「アクターズ・スタジオ・インタビュー」 | トップページ | 【NEWS】ゲイリー・オールドマン、新たな監督作を構想中? »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:北欧発】」カテゴリの記事