« 【NEWS】ジョー・ライト最新作、今月撮影開始 | トップページ | 【レビュー】探偵はBARにいる »

2011/09/09

【NEWS】メル・ギブソンがユダヤの英雄伝を映画化?

Mel 俳優であり映画製作者のメル・ギブソンが、歴史上に実在したユダ・マカビーの物語を映画化する意向であることが分かった。メル率いるアイコン・プロダクションが製作し、彼とは『リーサル・ウェポン』でのコラボが懐かしいワーナー・ブラザーズが後ろ盾を務める。

脚本を担うのは『フラッシュダンス』や『氷の微笑』などで一時はハリウッド最高の書き手とも言われたジョー・エスタハス。彼が上梓した時点で、メルは自らがこれに主演するか、監督するか、あるいは製作のみに徹するかを最終決定する。

ユダ・マカビーとは紀元前2世紀に生きたユダヤの英雄のことをいう。当時、セレウコス朝ギリシアによって虐げられていたユダヤ国ハスモン王朝では、父マタテヤとユダと4人の兄弟たちを中心に大規模な蜂起を実施。激しい戦いの果てに、紀元前164年、夢にまで見た独立を勝ちとった。この栄誉こそ現代にまで伝わるユダヤ民の重要なお祭り“ハヌカ”の原点と言われている。

Judah
このニュースが驚きをもって伝えられる理由は、ほかでもない、メル・ギブソンのこれまでの諍いの絶えない言動にある。

彼は2006年に飲酒運転で逮捕された際に、泥酔のあまり警察官に対しユダヤ人を罵倒するような言葉を吐いたと言われており、また彼が監督し大ヒットとなった『パッション』(2004)ではイエス・キリストが処刑されるまでを克明に描く中で「反ユダヤ的な描写がある」として論争が繰り広げられた。そんなこんなで「大のユダヤ嫌い」と目され、『ボラット』などでもジョークのネタにされていたメルが、よりにもよってユダヤの英雄譚を映画化するだなんて。。。今後のユダヤ人団体の警戒、あるいは反発が気になるところだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ジョー・ライト最新作、今月撮影開始 | トップページ | 【レビュー】探偵はBARにいる »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:中東発】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事