« 【NEWS】メル・ギブソンがユダヤの英雄伝を映画化? | トップページ | 【NEWS】ヴェネツィア映画祭、結果発表 »

2011/09/10

【レビュー】探偵はBARにいる

主役は大泉洋。ハードボイルドやフィルムノワールに付き物の“ファム・ファタール”には小雪。これらの名前が並び、しかも舞台は北海道随一の歓楽街ススキノとくると、これはもう某ウィスキー・メーカーが裏で事件を操っているとしか言いようがない。ひとりだけ「トリス!」と叫ぶべき女の子がいないなと思っていたら、途中で案の定、カメオ的に顔を出した。やっぱりこの事件の犯人は、ウィスキーだ!

…などとブラックニッカを呑みながら、多少イイ気分になって書いている。

東直己のススキノ探偵シリーズ「バーにかかってきた電話」(ハヤカワ文庫)の映画化である。東映作品として大ヒットを飛ばした劇場版『相棒』のスタッフが再集結して手掛けているのだとか。こちとら恐縮ながら「相棒」のドラマも映画も観たことがない。そんな僕ですが、楽しめるでしょうか?とお伺いを立てるようにして見始めて、開始早々ノックダウンを食らった。雪降りしきる繁華街を駆け抜け、大泉が、松田龍平が、裏社会の人たちとかなり気合の入った乱闘シーンを見せつける。かと思えば、つづくステージではカルメン・マキが昭和を感じさせるバラードを弾き語る。この寒暖の差。実に久々に身の震えを感じた。

私立探偵の“俺(大泉)”の本拠地は一件のバーだ。そこの指定席で飲みながら、化石のような黒電話から依頼人の助けを求める声が響いてくるのをひたすら待つ。相棒には大学生にして格闘技の使い手、高田(松田)。

ある晩、謎の女性からかかってきた一本の電話がかつてないミステリーの重い扉をノックする。まさかこの向こう側に、街全体を呑みこむ“とある事件”を解くカギが隠されていようとは―。

かといって、本作には謎とき、どんでん返しといった面ではそれほど目新しい面は見当たらない。見どころはもっと別にある。僕がこの映画に「なるほどなあ」と唸ったのは、そこに探偵の捜査方法としてはあまりに基本中の基本である「仮説を相手に直接ぶつけ、その反応を探る」といった手法がしっかりと描かれていたことだ。そこで相手の顔にどんな感情が浮かぶのか、その一瞬の真実から背後にある真相を読み解いていくというわけ。

これはともすれば、あまりにアナログな推理術といえるのかもしれない。が、少なくとも“映画”という表現手段においては極めて役者冥利に尽きる設定といえるだろう。なにしろ(大泉をはじめ)俳優という生き物は常日頃から演じる相手との空気の変化を敏感に察知して生きる人たちなのである。それはもはや特殊能力であり、それを駆使する限りにおいてそこに虚構性は発生しない。彼らが生存本能的に身に着けているそれらの能力の応酬がとてもユニークかつ緊張感ある間合いを生み出している。

そして北海道にまだ一度も足を踏み入れていない者としては、やはりこの舞台のあらゆる場所が目新しく、東京などが舞台であるよりもずっとずっと、この街の喧騒に浸りこむことができた。

東映さん、もし可能であれば『相棒』の映画版公開の狭間を縫うように、プログラム・ピクチャー的に「探偵BAR」シリーズを続けていっていただけないだろうか。VFX満載の特殊効果なんて必要ないのだ。相棒の高田がずっと食べ続けている北菓楼のおかきのごとく、大泉&松田の凸凹コンビは観ていて病みつきになる。そして彼らのナチュラルなやり取りは驚くほどスクリーンに映える。そして僕はもっと、北海道を舞台にしたミステリーが観たくてたまらない。

これは思わぬ金脈を掘り当てたと言えるのでは?

追記:封切1週間にして早くも続編製作が決定しました!次回はどのエピソードが映画化されるのでしょうか?

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】メル・ギブソンがユダヤの英雄伝を映画化? | トップページ | 【NEWS】ヴェネツィア映画祭、結果発表 »