« 【レビュー】探偵はBARにいる | トップページ | 【レビュー】グリーン・ランタン »

2011/09/11

【NEWS】ヴェネツィア映画祭、結果発表

第68回ヴェネツィア国際映画祭は10日、ダーレン・アロノフスキー(『レスラー』『ブラック・スワン』など)率いる審査員団が各部門の受賞結果を発表し、11日間に渡る白熱した闘いに幕を閉じた。

金獅子賞(最高賞)に選ばれたのは、ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督作"Faust"。

Faust_2
続く銀獅子賞(監督賞)には"People Mountain People Sea"のツァイ・シャンチュン監督(中国)。審査員特別賞にはエマニュエル・クリアレーゼ監督の"Terraferma"(イタリア)、男優賞には"Shame"(イギリス)のマイケル・ファスベンダー、女優賞には"A Simple Life"(中国)のディニー・イップ。

マルチェロ・マストロヤンニ(新人俳優賞)は日本から出品された園子温監督作『ヒミズ』に主演する染谷将太と二階堂ふみが2人同時受賞。

そのほか撮影賞には"Whtherring Heights"(イギリス)、脚本賞には"Alps"(ギリシア)。

また、コンペティション部門とは別に設けられたオリゾンティ部門の最高賞には、日本の塚本晋也監督作『KOTOKO』が、審査員特別賞にはオーストリアとドイツの合作"Whores' Glory"が選ばれている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】探偵はBARにいる | トップページ | 【レビュー】グリーン・ランタン »

NEWS」カテゴリの記事