« 【NEWS】ハート・ブルーのリメイク始動 | トップページ | 【NEWS】ウォシャウスキー新作にヒュー・グラント »

2011/09/14

【NEWS】エンタメ界ギャラ高ランキング

Tylerフォーブスがエンターテイメント界で最も稼いだ男性ランキングを発表した。該当期間は昨年5月から今年の5月。金額は同誌が弁護士、エージェント、プロデューサーをはじめとするインサイダーから得た情報を基にして算出され、なおかつ税引き前のものである。

てっきり世界中の誰もが知る人物が首位に君臨するものと思っていたら、現われたのは黒人男性。その名はタイラー・ペリー。推定報酬1億3000万ドル。自身の監督&主演コメディで“マデア”という名物バアサン役でたびたび登場し、プロデューサーとしては映画『プレシャス』やTV番組"Meet the Browns and House of Payne"をヒットに導いた。いまやアメリカのブラック・カルチャーを担う存在といえる。青年時代は家族との確執の末に家を飛び出し、ホームレス生活にまで身を落としたこともある彼。その後の伸し上がりぶりはまさにアメリカンドリームを象徴するものである。

2位はおなじみ、製作者のジェリー・ブラッカイマー。『パイレーツ・オブ・カリビアン4』を世界興収10億ドル越えヒットさせた彼の推定報酬は1億1300万ドル。TV界でも「CSI」シリーズや"The Amazing Race"も手掛けている。

3位はスティーヴン・スピルバーグ。推定額1億700万ドル。彼はこの1年、『トランスフォーマー』や『カウボーイ&エイリアン』などの製作を務める傍ら、今年の年末に封切られる『戦火の馬』『タンタンの冒険』という2本の監督作をも地道に仕上げてきたている。

4位はミュージシャン、エルトン・ジョン。その推定額、1億ドルに及ぶ。ワールドツアーで2億ドルの収益を上げる一方、昨年12月には代理出産によって授かった男の子の父親となるなど、プライベートでも充実ぶりが報じられている。

5位には音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル。9000万ドル。プロデュース業を手掛ける一方、スーザン・ボイルを輩出したことでも知られる素人オーディション番組を英米双方に展開し、ヒットさせている。

8位にはようやく俳優界からレオナルド・ディカプリオが顔を出す(7700万ドル)。また10位にはスポーツ界からタイガー・ウッズ(7500万ドル)がランクイン。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ハート・ブルーのリメイク始動 | トップページ | 【NEWS】ウォシャウスキー新作にヒュー・グラント »

NEWS」カテゴリの記事