« 【NEWS】「ミッション:8ミニッツ」がTVドラマ化へ | トップページ | 【レビュー】ラビット・ホラー3D »

2011/09/16

【NEWS】『瞳の奥の秘密』リメイク主演にデンゼル・ワシントン?

Denzel TWITCHによると、2010年のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』のハリウッド版リメイクの主演としてデンゼル・ワシントンがオファーを受けているようだ。

同作はワーナー・ブラザーズのもとでビリー・レイ("Breach")が監督&脚本を務め、オリジナルを監督したファン・ホセ・カンパネラも製作総指揮として参加することが決まっている。

オリジナル版は引退した法廷弁護士がかつての未解決事件を扱った小説を執筆しようと過去の記憶を再訪する中で、事件に隠された真実と、彼自身が長らく心に秘めた愛に触れることになる物語。当時のアルゼンチンの政情や秘密警察による暴挙などが大きな要素として描かれているだけに、リメイク版ではどのように翻案されるのかレイの脚本家としての腕が期待される。

デンゼルに白羽の矢を立てるとは思いきったことをしたな、という印象。ただし今回のニュースは「オファーがあった」というだけの事実認定にとどまっており、肝心の「デンゼルが受けるか否か」の部分にまでは及んでいない。

その肝心のデンゼルはというと、ただいま"Flight"という新作映画の主演に向けて調整中だ。彼の役どころは非常事態に陥った旅客機を何とか無事に着地させるパイロット。一躍ヒーローとして祭り上げられる彼だったが、その後の捜査で彼が操縦前に飲酒していたのではという疑惑が浮上し…。監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ』でお馴染みのロバート・ゼメキス。彼が実写作品に舞い戻るのは久しぶりとなる。来月からアトランタで撮影開始。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】「ミッション:8ミニッツ」がTVドラマ化へ | トップページ | 【レビュー】ラビット・ホラー3D »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:南米発】」カテゴリの記事