« ソダーバーグ監督、引退路線を微妙修正 | トップページ | グレン・クローズ、賞レース参戦なるか? »

2011/09/05

【興行】北米興行成績Sep.02-04

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Sep.02-04 weekend 推計

01 The Help  $14.2M
02 The Debt  $9.67M
03 Apollo 18 $8.7M

04 Shark Night 3D 
$8.64M
05 Rise of the Planet of the Apes $7.8M
06 Colombiana $7.4M
07 Our Idiot Brother $5.18M
08 Don't Be Afraid of the Dark $4.9M
09 Spy Kids: All the Timee in the World $4.6M
10 The Smurfs
 $4.0M

■アメリカはレイバー・デイ(労働者の日)のためバケーション・ムード。ハリケーン襲来のため映画興収が落ち込んだ先週末の映画界だが、それが去った後もボックスオフィスはさほど変わらず。またもや公民権運動時代の白人女性と黒人女性との信頼&友情の物語"The Help"が首位にとどまる事態となった。

Helpmovie
公開4週目となる本作は、1週目こそNO.2に甘んじたものの、翌週になると1ランク浮上し、さらに今タームに至るまで2週にわたって首位をキープ。2011年作としては初の3週連続のNO.1ということになる。同記録は2010年の『インセプション』以来。

その売り上げは先週末に比べてたったの2パーセント落ち。こんな強力な下げ止まりぶりは見たことがない。市場原理を超えたかなりの口コミ支持が幅広く広がっていることを意味する。製作費2500万ドルという安価ながら累計興収は1億1860万ドルに達している。

Debt■2位はヘレン・ミレン、サム・ワーシントン主演のスパイ・スリラー"The Debt"が初登場。2010年に製作されながらミラマックス社の身売りなどで『テンペスト』(ジュリー・テイモア監督)と共に長らく宙に浮いていた作品だ。

97年と66年のエピソードが同時進行する語り口で、オスカー女優ミレンは引退したモサド工作員役、そして彼女の若かりし日を『ツリー・オブ・ライフ』のジェシカ・チャスティンが演じる。監督は『恋に落ちたシェイクスピア』のジョン・マッデン。『キック・アス!』や『X-Men:ザ・ファースト・ジェネレーション』でお馴染みのマシュー・ヴォーン&ジェーン・ゴールドマンが脚本を手掛けることでも注目を集めている。

1800館規模というブロックバスター系の約半分にも満たない上映館数でスタートした本作は30代以上の客層がメインを占め、また男女比はほぼ半々だという。

18 ■3位にはもはや低予算ホラーやSFの代名詞となりつつあるfound footage(発掘映像)物、"Apollo18"。記録上、アポロ計画は17号をもって全面的に終止符が打たれたはずだが、NASAは極秘裏に“アポロ18”を打ち上げていた―。

本作ではそれに搭乗したふたりの飛行士たちが遭遇する未曾有の恐怖を記録映像形式で描く。キャッチは「我々が二度と月に戻らないのには理由がある」。興収面では870万ドルしか成果が上げられていないが、製作費はたったの500万ドルということで、製作&配給側のリスクはほとんど存在しない。配給側によると客層は57パーセントが男性、56パーセントが25歳以上とのこと。

■4位には"Shark Night 3D"。昨年の『ピラニア3D』をも若干下回る興収結果となった。配給によると52パーセントが女性、57パーセントが25歳以下。また3Dスクリーンの興収シェアは86パーセントに昇る模様。ブロックバスター系の3D映画に比べて分母の数が少ないこともあるが、それでも8割台とはなかなかのもの。あるいは3Dであることにのみ訴求力を持った映画といえるのかも。

■5位の『猿の惑星 創世記』は製作費9300万ドルながら現時点の国内興収だけで1億6000万ドルを売り上げている。リュック・ベッソン製作の"Colombiana"は6位へダウン。先週のハリケーンの影響をモロに受けただけに、2週目にしては数字がある程度下げ止まっている感がある。しかし興収面ではまだ製作費の半分ほどの2000万ドルを若干越えた程度。7位の"Our Idiot Brother"は先週比26.1パーセント減で累計興収1500万ドル。これも製作費は500万ドルなのでリスクは少ない。ギレルモ・デル・トロ製作のホラー"Don't Be Afraid of the Dark"は先週のハリケーンの揺り戻しが感じられない42パーセント落ち。製作費2500万ドルながら、現在までの興収は1600万ドル程度。スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』は製作費とほぼ同額3000万ドル程度まで興収を伸ばした。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ソダーバーグ監督、引退路線を微妙修正 | トップページ | グレン・クローズ、賞レース参戦なるか? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事