« 【NEWS】ノア・バームバックがTVシリーズに着手 | トップページ | 【NEWS】オスカー司会候補にエディ・マーフィ急浮上 »

2011/09/04

【NEWS】クルーニー「ナポレオン・ソロ」を降板した理由

George先日お伝えしたとおり、ジョージ・クルーニーは目下、自らが主演予定だった"Man From U.N.C.L.E."(0011ナポレオン・ソロ)から降板する手続きを進めている。

この突然の降板劇をめぐっては、映画の監督を務めるのが『アウト・オブ・サイト』や『オーシャンズ11』などでクルーニーとコラボレーションを重ねてきたスティーヴン・ソダーバーグであるだけに、もしや2人の関係に何らかの亀裂が入ったのでは?と見る向きも多かった。が、数日経って、どうやらその原因がクルーニーの身体的なコンディションにあることが分かってきた。

降板報道の直後に掲載されたE!onlineの記事によると、クルーニーは『シリアナ』でCIAエージェントを演じた際、その拷問シーンで脊椎を損傷しており、今なお背中から首筋、そして頭部に至るまでの痛みに悩まされているという。

一時は後遺症による記憶障害にさえ苛まれたクルーニーはその後も度重なる手術を経てはいるものの、まだ完治には至っていない。ゆえにアクション・シークエンスが多い"UNCLE"はもはやコンディション的に不可能、というのが大方の関係者の見立てのようだ。

そんなことを書き綴っているうちに、クルーニー自身のコメントさえも漏れ聞こえてきた。Deadlineがテルライド映画祭に出席したクルーニーに直接訊いたところ、彼は「この映画、とてもやりたかったんだが」と断ったうえで、「でも僕も50歳だしね。。。それにしばらくしたら首と肩の手術を受ける予定なんだ」と溜息まじりに答えたという。また彼は盟友スティーヴン・ソダーバーグが50歳を境に引退するという宣言を懐疑的に見ており、なにはともあれ彼の最新作"Contagion"の商業的ヒットを心から願っているとコメントしている。

というわけで、僕自身がエラソーに推理した「この映画の撮影時期がクルーニーの監督作"The Ides of March"の賞レース出走時期と重なり、身動きが取りづらくなるからだ」というのは主要な理由ではなかった(しかし理由の一部ではあると思うのだが)。失礼しました。

ハリウッド・スターといえども、みんな痛みを抱え、それでも決してくじけずに頑張っているんですね…。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ノア・バームバックがTVシリーズに着手 | トップページ | 【NEWS】オスカー司会候補にエディ・マーフィ急浮上 »

NEWS」カテゴリの記事