« 【NEWS】ソダーバーグ、『ハンガー・ゲーム』参加を語る | トップページ | 【メモ】英国王のスピーチ »

2011/09/03

【NEWS】ディズニー「ローン・レンジャー」は今・・・

Lone_2  製作ジェリー・ブラッカイマー、監督ゴア・ヴァ―ビンスキー、主演ジョニー・デップという『パイレーツ・オブ・カリビアン』のビッグ3が再び結集するウェスタン・アクション"The Lone Ranger"。この超話題作が製作費の高騰を理由にディズニーからゴーサインを撤回されたことは以前にもお伝えしたとおり。

「製作中止」との文字だけが独り歩きしている感も否めないのだが、実はいまだに製作陣とスタジオとの交渉はつづいている。各紙が報じるところによると、当初は2億7500万ドルという破格の数字を提示していた製作側も今では削減に削減を重ねて、2億1500万ドルという地点にまで歩み寄りを見せているとのこと。一方のディズニー側はこれを2億ドルまで引き下げたいというのが本音のようだが、一時は妥協ラインとして2億2000万ドルという数字を提示していたこともあり、これはもう、ディズニー首脳部が首をタテに振るか否かに一任された決定事項といえる。

一方、Deadlineによると他のジレンマも明らかとなってきている。

Gore まず監督のヴァ―ビンスキーは「すでに製作の始まっている本作の青写真を見直さなきゃならないほどの妥協はしない」と宣言しており、つまりこれは当初の思惑どおりのビジョンが実現できないならばドロップアウトも辞さないということになる。

また40~50年代に放映されたTVシリーズ「ローン・レンジャー」の大ファンであり、長年にわたってこの映画化を夢見てきたジョニー・デップは、この企画に人一倍の想いを寄せてはいるものの、ただし盟友ヴァ―ビンスキーと一緒でないのならば俺もやらない、との考え方を持っているようだ。

ゆえにディズニーとしてはヴァ―ビンスキーを切って企画の抜本的な練り直しを求めたいところではあるのだが、そうすればデップも失うことになる。『アリス・イン・ワンダーランド』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などで現在のディズニーの屋台骨を支える彼を失うことは経営陣にとっても大打撃となりかねない―。

現在もなお、スペクタクル・シーンを練り直したり、あるいは合計3000万ドル級にもなるビッグ3のギャラの支払日を先送り(成功報酬に組み込む)などを含む予算削減案が検討中と見られている。

また、予算や映画の内容だけではどうにもならない部分もある。それが公開日に関する問題だ。本作が予定していた公開日は2012年12月21日。奇しくも今回の「製作中止」報道の拡がったタイミングは、ブラッド・ピット主演の"World War Z"がその公開日を同日に定めた直後だった。しかもその前週にはピーター・ジャクソン監督による『ロード・オブ・ザ・リング』のプリークエル(前章)"The Hobbit"が封切りを控えている。

Depp ただでさえ激戦区のこの時期に、近頃その人気に翳りが見える“西部劇”がどれだけ訴求力を持ちうるのか。ブロックバスターのオバケたちが互いに年末の観客を貪り食う中で、2億7500万ドルという製作費をカバーするだけの国内興収を計上することは至難の業といえる。もしも本作をもういちど製作軌道に乗せるのであれば、その最悪の時期は外して一人勝ちしやすいタイミングを探しだす(それが難しいのだが)ことは必要不可欠だ。

米ハリウッド・リポーター誌によると、現在ディズニーは巨額を投じた映画製作のありかたを慎重に見直しているとも言われている。ヒットの確約された『パイレーツ』シリーズならばまだしも、すでに進行中の"OZ the Great and Powerful"と"John Carter"だけでもかなりの製作費を捻出としている。とくに『ファインディング・ニモ』や『ウォーリー』のアンドリュー・スタントンが挑む初の実写である後者は製作費に2億5000万ドル以上をかけているとか。

これが成功するにしろしないにしろ、この不況の時代になぜこれほどまで金額が膨らんでしまったのか、それほどの予算が本当に必要だったのか、というごく基本的な自答は企業が健全体であるためにも常時行われてしかるべきだ。

それこそ彼らが今年の3月に体験したロバート・ゼメキス製作の『少年マイロの火星冒険記』のような経験はもう2度と御免だというのが本音だろう。

ともあれ、ハリウッド・リポーターによると、ディズニー首脳が最終結論を出すのはレイバー・デイ(労働者の日)以降とされている。連休明けのリフレッシュした頭脳でどのような決定がなされるのかに注目が集まる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ソダーバーグ、『ハンガー・ゲーム』参加を語る | トップページ | 【メモ】英国王のスピーチ »

NEWS」カテゴリの記事