« 【短評】ラビット・ホール | トップページ | 【短評】マネーボール »

2011/10/01

【NEWS】タランティーノ新作、コスナーの代役はカート・ラッセル?

Kurt クエンティン・タランティーノの次回作"Django Unchained"への出演をめぐってカート・ラッセルが交渉入りしているようだ。

米ハリウッド・リポーターによると、ラッセルが打診されている役どころはつい先日ケビン・コスナ―がスケジュールの都合で降板したばかりの“エース・ウッディ”。悪玉レオナルド・ディカプリオ演じる巨大プランテーション&娯楽施設にて働く奴隷たちを冷酷非道に飼いならすキャラなのだとか。

タランティーノとカート・ラッセルは2007年の『デス・プルーフ』で共闘済み。精悍な相貌のコスナーがこの役を演じる分にはまだ意外性があったが、ラッセルが演じるとなるとこれはもう、『デス・プルーフ』で彼が演じたカー・スタントマン兼殺人鬼路線の再来かと思えるほど。ハマり役となるのは間違いなさそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【短評】ラビット・ホール | トップページ | 【短評】マネーボール »

NEWS」カテゴリの記事