« 【NEWS】エクスペンダブルズ2、ミッキー・ロークの出演は無し? | トップページ | 【予告編】イーモウ最新作"The Flowers of War" »

2011/10/20

【NEWS】ロスト・シンボルの監督候補にマーク・ロマネクが浮上

Romanek Deadlineによると、ダン・ブラウンのベストセラー小説シリーズ第3弾『ロスト・シンボル』を映画化するにあたって、『ストーカー』や『わたしを離さないで』で知られるマーク・ロマネクがその監督最有力として浮上してきているという。

第1弾『ダ・ヴィンチ・コード』は世界で7億5800万ドル、続く『天使と悪魔』は4億8600万ドルの興収を記録している本シリーズ、これら前2作を監督したロン・ハワードは今回はプロデューサーに徹することを決めている。製作&配給のソニー・ピクチャーズでは監督候補をリストアップして検討を重ねてきており、独特の映像演出手腕に定評のあるロマネクとの間では、近いうちに交渉が始まるのではないかと見られている。が、過去に『ウルフマン』を撮影数週間前に離脱したことのあるロマネクだけに、このまま順調に進むかどうかまだ油断できなさそうだ。

映画版『ロスト・シンボル』に関しては、こうして監督探しが続く傍で脚本だけが地道に練られ続けてきた。はじめは『堕天使のパスポート』や『イースタン・プロミス』で知られるスティーヴン・ナイトがこれを手掛け、今はそのバトンを受け継ぐかたちで、原作者のダン・ブラウン自身が執筆を行っている。主人公ラングドン役には前作と同じくトム・ハンクスの再登板が予想されるものの、それに向けての交渉事などはまだ行われていない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】エクスペンダブルズ2、ミッキー・ロークの出演は無し? | トップページ | 【予告編】イーモウ最新作"The Flowers of War" »

NEWS」カテゴリの記事