« 【レビュー】一命 | トップページ | 【NEWS】ホームズ第3弾の仕込み開始 »

2011/10/24

【興行】北米週末Ranking Oct.21-23

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.21-23 weekend 推計

01 Paranormal Activity 3 $54.0M
02 Real Steel  $11.3M
03 Footloose  $10.8M

04 The Three Musketeers 
$8.8M
05 The Ides of March $4.9M
06 Dolphin Tale $4.2M
07 Moneyball $4.0M
08 Johnny English Reborn $3.8M
09 The Thing $3.1M
10 50/50
 $2.8M

Paranormal3■ハロウィン・シーズンの風物詩『パラノーマル・アクティビティ3』が前2作を上回る興収5400万ドルを売り上げて首位スタート。ハリウッド映画における続編モノの法則では「Part2は1を大きく上回るが、3は2に勝てない」というケースがほとんどなのだが、本作はそれを不気味に覆したことになる。まあ、ひとつは昨年までのように『SAW』というライバルがいないので、“一人勝ち”状態に突入してしまったというのもあるだろう。ともあれ、この「bloodless(血が出ない)」ホラーに対しては「安心して見れる」という声と「だからこそ怖い」と言う声とがせめぎ合って聴こえてくる。製作スタジオのパラマウントは「今のところ4作目の製作は未定」としながらも、なお観客側の反応に手ごたえを感じている様子。

『パラノーマル2』は劇映画出身の監督が手掛けていたが、今回はドキュメンタリーなのかモキュメンタリーなのか分からない奇妙な映画として評判を集めた"Catfish"の2人組監督(ヘンリー・ジュースト&アリエル・シュルマン)が登板。Part1とPart2の時間軸を大きく遡り、エピソード1的な内容になっている。

極度に少ない製作費をもとに巨額の利益を上げることで知られているこのシリーズ。今回は製作費500万ドルとのことなので、オープニング3日間(しかもアメリカのみ)だけでその10倍を稼ぎ出したことになる。ちなみに1作目は製作費1万5千ドルにして世界で1億9340万ドル(米興収は1億800万ドル)を稼ぎ、2作目は製作費300万ドルにして1億7750万ドル(米興収は8500万ドル)を稼ぎ出している。

面白い結果をもうひとつ挙げるなら、前作に比べ年齢層が若干変化していることがある。昨年6割を占めていた25歳以下の観客層は47パーセントに減少し、代わりに昨年4割だった25歳以上層が47パーセントに上昇している。性別で見ると、女性客が男性客をやや上回り、54パーセント。

■2位には『リアル・スティール』。累計興収は6700万ドル。短評はこちらにて。

■3位の"Footloose"は先週末に比べて下落率30パーセントという強力な下げ止まりを発揮。興収は3100万ドルほど。製作費は2400万ドル。

Three_2 ■初登場『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』は4位スタート。『バイオハザード』シリーズのポール・W.S.アンダーソン監督とその妻ミラ・ジョヴォヴィッチが組んだ製作費9000万ドルと言われるこの3D大作なのだが、週末の米興収はたったの880万ドルにしか満たなかった。ただし海外では好調なようで、その合計はすでに6400万ドルほどに達している。

一方、観客層は全体の64パーセントが25歳以上。男女比はほぼ半々だったようだ。このブログでもお伝えしたように、本作をめぐっては米配給をてがけるサミット・エンタテインメントに対してミラ・ジョヴォヴィッチがツイッター上で「ファミリー向け映画としての宣伝を怠っている!」と大批判を繰り広げたが、まさにこの通りの結果(若年層の動員が少ない)という結果になった。

映画の短評はこちらからどうぞ。

■ジョージ・クルーニー監督作"The Ides of March"は累計興収3000万ドル間近。映画のレビューとしてはこちらのブログがとても参考になりました。気になっている方はチェックしてみてください。5週目の"Dolphin Tale"(製作費3700万ドル)は累計6400万ドル。『マネーボール』(製作費5000万ドル)は6300万ドルに達している。

■さて、今週のもう一本の初登場作。ミスター・ビーンとしてもお馴染みの英コメディアン、ローワン・アトキンソン主演の"Johnny English Reborn"は興収380万ドルしか上げられなかった。製作費はその10倍以上の4500万ドル。観客の35パーセントがファミリー層で占められているのだとか。アトキンソンがファミリー層って…?

しかしながら興味深いのは、アメリカ以外では意外と好調で、すでに海外興収の合計は1億ドルを越えているのだ。つまりは『三銃士』にしても『ジョニー・イングリッシュ』にしても、アメリカ以外で訴求力を持つ作品と言えそうだ。

■先週3位の"The Thing"は一気に9位へ下降。興収下落率は63パーセントという高いものになっている。累計興収は1400万ドル程度。

50/50 フィフティ・フィフティ』は製作費800万ドルながら、下落率も緩やか。累計興収2900万ドルほど。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】一命 | トップページ | 【NEWS】ホームズ第3弾の仕込み開始 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事