« 【NEWS】ゴードン=レヴィットがタランティーノ作"Django Unchained"に出演? | トップページ | 【レビュー】一命 »

2011/10/23

【NEWS】ミラ様が米配給会社をツイッターで罵倒

東京国際映画祭にミラ・ジョヴォヴィッチがやってきた。彼女の最新作である『三銃士』を携えて。そして忘れてはならない、夫であり映画監督のポール・W.S.アンダーソンと、その他の出演者たちを引き連れて。

そのTOKYOまでのフライトの中で彼女が放ったツイットが話題となっている。なんと彼女は『三銃士』のアメリカでの配給&宣伝を手掛けるサミット・エンタテインメントを名指しで罵倒したのだ。

Millajovovichthreemusketeers
金曜日よりアメリカで封切られている『三銃士』だが、ミラ様はこの映画のアメリカでの浸透ぶりの低さと、本作がファミリー向けアドベンチャームービーとして認知されていないことにおかんむりのご様子。サミット・エンタテインメントに対して「彼らは『トワイライト』シリーズの成功にあぐらをかいてるんじゃないかしら」と言い放ち、最後は"Shame on You !"と結んでいる。

また、これに対してサミット・エンタテインメントの首脳陣も黙ってはおらず、Deadlineの取材に対して「彼女(ミラ)はここのところずっとカナダで『バイオハザード5』の撮影に没頭していたから、(サミットが展開した)映画のキャンペーンについて全く把握していない。それなのにこんなことを言い出すなんて、お門違いもいいところだ。そもそも何か不満があるのなら、まずは会って話し合うってのが筋ってものだろう」とやり返している。

これがもしアメリカで大ヒットする兆しがあればこんな罵倒合戦にはならないわけで、金曜から日曜にかけてのオープニング週末興収の予測でも低い数字が見込まれている。詳細はまだ分からないが、ミラの期待した“ファミリー向け”とは全く異なった、中高年の男性客の割合が多いという情報もあり(先のDeadline記事によると、その層に訴求力のあるスポーツ番組のCM枠でスポットを集中投下したのだとか)、もしかするとこの報に触れた彼女が飛行機上から怒りをあらわにした…なんて可能性も考えられる。

しかし、そもそもミラ・ジョヴォヴィッチという女優像は『バイオハザード』で鳴らした戦うヒロインそのままなのであり、今回の猛々しいツイットもまさに映画の延長線上にあるかのよう。また今回の一件で多くのエンターテインメント・メディアがミラと『三銃士』について取り上げたことで、良くも悪くも、これまでで最高の媒体露出が無料で成し遂げられたことは言うまでもない。

ともあれ、震災後の様々な影響を鑑みてハリウッドの大物たちが軒並み来日キャンペーンを控える中、ミラ様は神々しくも来日してくれたわけであり、それだけでも日本人としてはこの映画『三銃士』を応援せずにはいられない。昨夜の映画祭オープニングと、このツイット事件の双方を眺めながら、素直に「ありがとう」との想いが湧きあがった。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の短評はこちら

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ゴードン=レヴィットがタランティーノ作"Django Unchained"に出演? | トップページ | 【レビュー】一命 »

NEWS」カテゴリの記事