« 【NEWS】スピルバーグが語るジュラシック4、インディ5の可能性 | トップページ | 【TIFF】より良き人生 »

2011/10/29

【レビュー】ミッション:8ミニッツ

最初の8分間がやってくる―。

Sc目が覚めると電車の中だった。シカゴ行きの通勤急行。隣では見たこともない女性が自分に向かってしゃべりかけているが、その内容は微塵も要領を得ない。真横を通り過ぎる乗客が態勢を崩しコーヒーをこぼした。「あら、失礼!」 このリアルな感じ。実態を感じる。夢ではない。確かに目は覚めているのに、ただ記憶が定まらない。思いたってトイレに駆け込む。鏡には見慣れた自分とはまるで違う顔。俺はいったい何者なのか。何がどうなってしまったのか。と、そのとき、車両の前方でけたたましい爆音。まるでスローモーションを観ているかのように爆風と炎とがこちら側に迫り出して―(ザザーッ)

コントロール・ルームから声が響く。「聴こえますか?応答してください」 男は暗く冷たいコックピットで目を覚ます。二度目の覚醒。もはや何がなんだかわからない。自分ひとりの制御を超えたところで何かが始動している。コントロール・ルームは容赦なく言葉を続ける。「犯人の手掛かりは掴めましたか?」「 なんのことだ?」 「今朝、シカゴ行きの列車が爆破されました。乗客は全員死亡。テロ犯は第2第3のテロを引き越す可能性があります。あなたには列車が爆破される8分前の“ソースコード”へ潜入してもらいます。手掛かりがつかめるまで何度でも。それではもう一度、スイッチ・オン…」「 ちょ、ちょっと待っ・・・」

そして、2度目の8分間がはじまっていく―。

Sc02
ダンカン・ジョーンズの名前を手っ取り早く認識するためには、いまだに「デヴィッド・ボウイの息子」という肩書を持ちだすのが最適なのかもしれない。が、彼の初監督作『月に囚われた男(原題Moon)』はすでに英国エンタテインメント史を代表するSF作品の傑作と言われている(EMPIRE誌では英国映画BEST100の中の第24位に選出)。あの静謐な孤独の中で巻き起こるシュールなまでのミステリーは、論じるにあたって『2001年 宇宙の旅』が引き合いに出されるほどだ。

そんなジョーンズが今回はアメリカで、しかも爆破テロを題材に作品を紡ぐことになった。少なくとも冒頭8分間の様相だと、キューブリックと比較された前作とは180度異なり、むしろ列車アクション大好き人間、トニー・スコット御大の破天荒さを身に付けたかのよう。

が、映画が進むにつれて我々はこの男が本作に他のジャンル要素を幾重にも重ね合わせていることに驚かされる。導入部はさながらトニー・スコット。ほぼリアルタイムで紡がれていく物語は「24」的でもあり、突如現われ出るコックピットは日本のロボット・アニメでよく見られるそれのようでもある。

ラブストーリーでもあり、伝え忘れたメッセージを誰かに伝えようとする映画でもあり、そして『マトリックス』のようにソースコードに入り込むという趣向はもはやネタばれなどではなく、織り込み済みの前提条件。そして“8分間”を幾度も繰り返すといった意味で、多くの映画ファンは『恋はデジャブ』でビル・マーレイがコミカルに巻き込まれた「ループ迷宮」さえも彷彿とするのではないだろうか。もっとも、こちらは作風的にもかなり切羽詰まった状況が展開しているわけだが。

ただしハラハラドキドキしておしまいという快楽的エンタテインメントで終わらないのが本作の底力だ。この後半では主人公の背負った壮絶な宿命が、“人間と生命”、“個人を吸収する巨大なコンテクスト”、さらには“死のさらに向こう側”に触れる深い洞察へと昇華されていく。その瞬間、本作はかつてフィリップ・K・ディックをはじめ多くのSF古典作家たちが提示してきたような普遍性をも獲得。それはまさにジョーンズの前作『月に囚われた男』が内包していたテーマとも相通ずるものだ。

いずれにしてもエンタテインメントのなかでこれほど濃厚な作家性を点睛できる手腕、只者ではない。彼が英国出身の(ハリウッドにおける)アウトサイダーだから成し得たのか、それともやはり『地球に落ちてきた男』(デヴィッド・ボウイ)の息子としてのDNA的俯瞰能力がその才能を迸らせるのか。

Cloud_gate ちなみにラストに登場するモニュメントはシカゴのミレニアム・パーク内にある「クラウド・ゲート」。英国を代表する現代アーティスト、アニッシュ・カプーア(彼は2012年のロンドン・オリンピック会場でも巨大モニュメントを建設することになっている)が手掛けた作品だ。

劇中での言及は皆無だが、向かい合う角度によって様々な像を映し出すその反射装置としてのこの機能に、ダンカン・ジョーンズが自らの作品のテーマ性を寄り添わせたくなったのではないだろうか。

もひとつオマケに、この『ミッション:8ミニッツ』はそのストーリーとしてのポテンシャルの高さから、主人公を代えてテレビシリーズとしても起動していくことが決定している。時期などはまだ未定だが、「グレイズ・アナトミー」や「クリミナル・マインド」のマーク・ゴードンが製作を手掛けるだけに、質の高いものが期待できそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】スピルバーグが語るジュラシック4、インディ5の可能性 | トップページ | 【TIFF】より良き人生 »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【新感覚アクション】」カテゴリの記事