« 【TIFF】転山 KORA | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Oct.28-30 »

2011/10/31

【TIFF】東京国際映画祭・受賞結果

第24回東京国際映画祭が9日間の全日程を終えて幕を閉じました。今年はフランス映画に軍配の上がる年だったと言えるのかもしれません。グランプリ&男優賞に輝いた『最強のふたり』も観客賞受賞の『ガザを飛ぶブタ』は共にフランス映画。それに監督賞を獲得した『プレイ』は物語の舞台こそスウェーデンですが、実質的にはフランスとの合作によって成立しています。

審査員長のエドワード・R・プレスマンは「今年は“移民”をテーマにした映画が幾つも見受けられた」と指摘しています。それは突き詰めると「異なる者どうしの関係性」という部分に行きつき、これは『最強のふたり』の通奏低音としてもしっかりと聴こえてきたものでした。

受賞結果は以下の通り。リンクのあるものは拙ブログにレビューがあります。

【コンペティション部門】
・東京サクラグランプリ 『最強のふたり
・審査員特別賞 『キツツキと雨』
・最優秀監督賞 『プレイ』 リューベン・オストルンド
・最優秀女優賞 『アルバート・ノッブス』 グレン・クローズ
・最優秀男優賞 『最強のふたり』フランソワ・クリュゼ&オマール・シー
・最優秀芸術貢献賞 『転山』 『デタッチメント
・観客賞 『ガザを飛ぶブタ』

【TOYOTA EARTH Grand Prix】
・グランプリ 『鏡は嘘をつかない』
・審査員特別賞 『ハッピー・ピープル タイガで暮らす一年』

【アジアの風】
・最優秀アジア映画賞 『クリスマス・イブ』
・スペシャル・メンション 『鏡は嘘をつかない』『TATSUMI』『ラジニカーントのロボット』

【日本映画・ある視点】
・作品賞 『ももいろのそらを』

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【TIFF】転山 KORA | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Oct.28-30 »

awards」カテゴリの記事

NEWS」カテゴリの記事