« 【NEWS】ステイサムまたまた新作決定 | トップページ | 【NEWS】007新作タイトルは"Skyfall" »

2011/11/03

【NEWS】GHQの決断を描く"Emperor"の監督決定

Peterwebber 終戦直後、マッカーサー率いるGHQの抱えた最重要課題のひとつが昭和天皇の戦争責任をどう結論づけるかということ。その過程を描いた"Emperor"という長編映画が製作されようとしている。

メインとなるのはマッカーサーの右腕であり日本問題のエキスパートであるボナ―・フェラーズ副官。彼はこの問題の責任者として「天皇不起訴」の決定を下した中心人物と言われている。また本作は並行してフェラーズと日本人女性との愛も描かれる模様。

脚本を手掛けるのはデヴィッド・クラス、ヴェラ・ブラシ。そしてこのたび、本作の監督として『真珠の耳飾りの少女』や『ハンニバル・ライジング』で知られるピーター・ウェバーがこの任にあたることが発表された。

撮影は来年の1月より、ニュージーランドと日本で行われる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ステイサムまたまた新作決定 | トップページ | 【NEWS】007新作タイトルは"Skyfall" »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:TOKYO発】」カテゴリの記事

【地域:アジア】」カテゴリの記事