« 【NEWS】リドリー・スコットとジェラード・バトラーが新作でタッグ | トップページ | 【NEWS】ソダーバーグ監督が「ナポレオン・ソロ」を降板 »

2011/11/19

【NEWS】セブンの監督&脚本家コンビ再び

Sea 今日はDeadlineのスクープが続く。この冬にハリウッド版『ドラゴンタトゥーの女』をお披露目するデヴィッド・フィンチャーの待機作"20,000 Leagues Under The Sea"(海底200マイル)の脚本家としてアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが仲間入りを果たしたようだ。フィンチャーとウォーカーがチームを組むのは両者の名前を世界に広めた『セブン』以来のこと。

とはいうものの、本作はディズニー製作とあって過去のフィンチャー作に見られる過度なダークさは不要。より幅広い世代に見られる作風を目指すものと思われる。

1995年に『セブン』が公開された時にはフィンチャーが33歳、ウォーカーが31歳。月日が経つのは本当に早いもので、いまやそれぞれが49歳、47歳となった。

ネモ船長の冒険をいかに描くか、まさにこの16年の間に培ってきたふたりの力量と人間性が問われることとなりそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】リドリー・スコットとジェラード・バトラーが新作でタッグ | トップページ | 【NEWS】ソダーバーグ監督が「ナポレオン・ソロ」を降板 »

NEWS」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事