« 【NEWS】ソダーバーグ監督が「ナポレオン・ソロ」を降板 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Nov.18-20 »

2011/11/20

【NEWS】タランティーノ新作のエディター決定?

Menke タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』と新作"Django Unchained"との大きな違いには、その戦争物→西部劇というジャンルの落差以上に、サリー・メンケの不在という点が挙げられる。『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』時代からずっとタランティーノの右腕としてフィルム編集を担ってきた彼女は2010年に急逝。このことがタランティーノに与えた悲しみは計り知れない。

*サリー・メンケは『パルプ・フィクション』と『イングロリアス・バスターズ』で2度アカデミー賞編集賞候補入りを果たしている。

とはいえ、映画人たるもの作品を作り続けることで前に進まねばならない。キャスティングも順調に固まりもうじき撮影入りするものとみられる新作"Django Unchained"だが、果たしてメンケの後継者として“編集”を担うのは誰なのか。

そんな中、IMDbを覗いてみると、そこにはフレッド・ラスキンという名が。かつて『キル・ビル』シリーズに編集助手として参加した経歴を持つ彼。その後は『ワイルド・スピード』シリーズ(Part3~5)に正式なエディターとして携わるなどして経験を積み、遂に今回タランティーノ組に舞い戻ることになったようだ

また撮影監督には『キル・ビル』『イングロリアス・バスターズ』に続きロバート・リチャードソンの名前が据えられている。『シャッター・アイランド』、『アビエイター』、『シャイン・ア・ライト』、"Hugo"といったマーティン・スコセッシ作品でも知られるこのベテランの仕事ぶりに、今回も安心して身をゆだねられそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ソダーバーグ監督が「ナポレオン・ソロ」を降板 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Nov.18-20 »

NEWS」カテゴリの記事

クエンティン・タランティーノ」カテゴリの記事