« 【NEWS】TIFFグランプリ「最強のふたり」がフランスで大ヒット中 | トップページ | 【NEWS】トム・ハンクスがナチス政権下の駐独大使役で主演? »

2011/11/28

【興行】北米週末Ranking Nov.25-27

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Nov.25-27 weekend 推計

01 Breaking Dawn Part1  $42M
02 The Muppets  $29.5M
03 Happy Feet Two  $13.4M

04 Arthur Christmas 
$12.7M
05 Hugo  $11.35M
06 Jack and Jill  $10.3M
07 Immortals $8.8M
08 Puss in Boots  $7.45M
09 Tower Heist  $7.32M
10 The Descendants 
$7.2M

Dawn ■11月の第4木曜日は感謝祭。米映画メディアもお休みモードに突入してしまう一方、ボックスオフィスは繁盛期とばかりにファミリー向け映画が大挙してやってきた。アメリカでは新作が金曜日に封切られることが一般的だが、今回は感謝祭の前日、水曜日に初日を迎えた新作がひしめいている。

■『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』の天下は変わらなかった。国内累計は2億2130万ドルに達し、これに海外興収を加えると、世界興収は4億8930万ドルとなる。製作費は1億1000万ドル。

■2位にはカエルのカーミットやミス・ピギーなどお馴染みの操り人形キャラたちが総出演する"The Muppets"。こちらは新作なので水曜に封切られており、5日間の累計は4200万ドルに昇る。製作費もこれとほぼ同額の4500万ドル。マペット・キャラの他にジェイソン・シーゲル、エイミー・アダムスらが出演している。女性客の方が若干多く、53パーセントを占める。

Themuppets_2 
■2週目の『ハッピーフィート2』は先週末比37パーセント減。10日間の累計興収を4380万ドルとした。ちなみに前作『ハッピーフィート』は同じ2週目末で早くも1億ドル近くにまで達していた。

■「ウォレスとグルミット」などでお馴染みの英“アードマン”による新作『アーサー・クリスマスの大冒険』。水曜~日曜の累計は1700万ドル。クリスマスをテーマにした映画なだけにスタジオ側はこれから1か月かけた息の長い展開を期待している模様。製作費は9500万ドル。3D上映による興収シェアは53パーセントに昇る。観客層は25歳未満が31パーセント、女性客が59パーセント。

■マーティン・スコセッシ監督作『ヒューゴの不思議な発明』はパラマウント側の判断により通常の全国公開作品の半分にも満たない1277館にて封切られた。(原作本のレビューはこちら

Hugo
なにしろ巨匠スコセッシ初となるファミリー向けアドベンチャー、そして3D映画。ターゲットとなるのはいつもの長年のファンとはかなり異なる層になるわけで、スタジオ側はとりあえず数字に左右されない上映規模で封切った上で、徐々に口コミを広げていきたい構えだ(12月9日から拡大公開)。先行逃げ切り型ではなく、先頭集団の背後でじっとタイミングを待つランナー状態といったところか。よって今回は順位もさほど上位に食い込めず、5位どまり。水曜~日曜の累計興収も1500万ドル程度にとどまっている。なお興収における3D上映シェアは75パーセントを占めた。

■『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督作"The Descendants"は劇場数を400ほど増やし、興行収入も先週末よりも500パーセント増量。現在までの累計興収は1000万ドルを超えたあたり。このようなかたちで賞レースに向けて徐々に上映規模を拡大させていくものと見られる。

■さて、TOP10圏外に目を向けると3本の注目作が封切られている。

3
そのうちの2本はワインスタイン・カンパニー配給作。一つ目の"My Week with Marilyn"は全米244館で上映がはじまり、1館あたりのアベレージは7270ドルほど。マリリン・モンロー役を演じるミシェル・ウィリアムズにはアカデミー賞主演女優賞への呼び声も高まっている。

二つ目は今年のカンヌで大絶賛を浴びたフランス製サイレント映画"The Artist"。全米4館にて先行上映のはじまった本作は、そのアベレージが5万ドル(こんな数字、過去に見たことがない)を超す大混雑ぶり。

そしてソニー・ピクチャーズ・クラシック配給のデヴィッド・クローネンバーグ監督作"A Dangerous Method"も同じ4館にて封切られ、こちらもアベレージが4万5千ドルを超える猛チャージぶりを披露している(それにしてもこのカット&ペーストのポスター・デザインはヒドイが)。いずれもアカデミー賞参入を狙った手探りの攻防を開始した様相だ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】TIFFグランプリ「最強のふたり」がフランスで大ヒット中 | トップページ | 【NEWS】トム・ハンクスがナチス政権下の駐独大使役で主演? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事