« 【NEWS】トム・クルーズ、All You Need Is Killの主演ほぼ確定 | トップページ | 【NEWS】X-Menファースト~脚本家が、ティム・バートン監督候補作の交渉入り »

2011/12/03

【レビュー】ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

『M:I-3』から5年―。

ミッションの要となるイーサン・ハントはブダペストの刑務所にいた。そこでディーン・マーティンのゴージャスなナンバーを合図に巻き起こる暴動。そしてIMFチームによる大胆なる脱獄の手引き。それは新たな仕事の依頼だった。聞きなれたフレーズが耳に響く。

「例によって君やその部下が失敗しても当局は一切関知しないのでそのつもりで」

今回チームを組むのはガジェットからハッキングまで裏方作業を得意とするダン(サイモン・ペック)、ミッション中に愛する仲間を殺された女性諜報員カーター、それに古株のハント。ロシア側の核兵器の発射コードをめぐる謎を追いさっそくクレムリンに侵入した彼らだったが、そこで何者かの罠にはまり爆破テロの巻き添えを食らう。そのうえロシア側からはアメリカの差し金によるテロ実行犯と目され、ハント一味は一転して追われる身に。この事態を受けアメリカ大統領はIMFを国家機関から切り離す「ゴースト・プロトコル」を発令する。長官は言う。ハントらに残された道はふたつ。テロ実行犯として逮捕されるか、あるいは自分たちの手で真犯人を捕まえるか―。

Mission_impossible_ghost_protocol_v
映画の潮流は刻々と変わる。いまやひとりの人気俳優の存在感で客を呼べる時代は終わり、コラボレーションの時代となった。

『アイアン・ジャイアント』、『レミーのおいしいレストラン』、『Mr.インクレディブル』で名高いブラッド・バードがこの監督を引き受けたのは正解だったと思う。彼にとっても念願の実写デビューだったわけだし、アメリカで人気が急落しているトム・クルーズを一人舞台の台座から“素材のひとつ”へと還元させることは、アニメーションのフィールドであらゆるキャラクターの持ち味を過不足なく発揮させてきたバード監督にとってまさに打ってつけの仕事だったと言える。

これまでは「裏切り者は誰だ?」という“疑心暗鬼の物語”に陥りがちだったこのシリーズ。だが本作ではあえて“信頼の物語”へと舵を切り返しており、4人のチーム・メンバーの個性をより肯定的に際立たせているのが特徴的だ。

とりわけ途中参入してくる分析官役のジェレミー・レナーはチームのもう一つの重みとなる。『ハート・ロッカー』で主演男優オスカー候補となり、現在製作中の『ボーン・アルティメイタム』に続く“ボーン”シリーズ新チャプターでも主演を担うこの男。当初、トム・クルーズだけでは映画の構成要素として物足りないと考えていたスタジオ側も、彼の起用でようやく首を縦に振ったと言われる。

そんな彼でさえ単独プレーに走ることなく、しっかりとチームのひとりとして他のメンバーとのコンビネーションにこそ魂を宿らせていくのが実にフェアに思える。そこで醸し出される雰囲気はシリーズ中でもっともクスクスした笑いに満ち、テレビシリーズの伝統を受け継ぐ「ありえないだろ!?」な秘密道具の活躍を散りばめ、やっぱり恒例となった“宙づり”シーンも盛り込み、それでいてシリーズ中でいちばんシビアな記憶をも打ち明け共有できる仲間意識に満ちている。

Mi
また、今回はテロのシーンこそあるものの、アクション映画に付き物の爆破や火薬量がシリーズ中で最も少ないのではないだろうか。それは作り手が自らに課したハードルのようにも思えてならない。これを何なくこなして見せるのがブラッド・バードの凄いところだ。どの場面においてもグラフィック・ノベルを映像化したかのように画がキマっていて、盛り込まれるカットはつねに明快、かつ簡潔。

ドバイにそびえるあの超高層ビルに挑むトム・クルーズとその眼下に広がる緑と道路の幾何学模様とのコントラストが鮮烈な像を結んだかと思えば、今度は急転直下、地上では砂嵐で猛烈に視界の狭まる中、この世のものとは思えない幻想的なチェイスが展開したりもする。これらのシークエンスの各所が今もなお鮮明に記憶の中に焼きついているのは、積み上げてきた映像の連続性を「ドカーン」や「ズバーン」のカタルシスで霧消させていない証左と言えるのかもしれない。

思えば、アニメーションは実写に比べてその映像をゼロから築き上げていくものだ。それらを爆破などで吹き飛ばす描写にはあまりお目にかからない気がする(そう言いきれるほどたくさんのアニメを観ているわけではないが)。そんな現場で創作活動を続けてきたバード監督だからこそ、実写に場を移してもこれだけの計算され尽くしたビジュアリティを発揮できたのだろう。

あえてひとつだけ注文をつけるなら、悪役のキャラが紋切り型に終始していたことが気になった。このところ善と悪の境界線が引きずらいテーマを扱う作品が増えてきたが、久々に宇宙人的なまでに共感しようのないキャラを見た気がする(あとから考えると、同じことを画策した悪役が、最近のアメコミ・ヒーロー映画に存在した)。とくにスウェーデン版『ミレニアム』シリーズに主演したミカエル・ニクヴィストはセリフ控えめに、ただ逃げ回るだけ。あるいは、悪党そのものを“マクガフィン”として描くことこそ、ブラッド・バードの美学なのだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】トム・クルーズ、All You Need Is Killの主演ほぼ確定 | トップページ | 【NEWS】X-Menファースト~脚本家が、ティム・バートン監督候補作の交渉入り »