« 【賞レース】ナショナル・ボード・オブ・レビュー | トップページ | 【レビュー】ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル »

2011/12/02

【NEWS】トム・クルーズ、All You Need Is Killの主演ほぼ確定

Tom 10月ごろに一度お伝えした“可能性”が、まもなく確定に至りそうだ。複数のメディアが伝えているところによると、ワーナーブラザーズが『ボーン・アイデンティティ』のダグ・リーマンを監督に据え進めている桜塚洋原作のライトノベル「All You Need Is Kill」の映画化企画に、トム・クルーズが本格参戦する意向だと言う。それも契約成立まであと一歩のところまで詰めてきている模様。

本作は謎の地球外生命体による攻撃にさらされた地上で、最初の戦闘で無惨に命を落とした主人公がふと気付くと、再び前日の日常へと舞い戻っている物語。この不思議なループにて幾度も戦闘と死を経験するうちに彼は逞しい兵士へと成長していく―まさに『恋はデジャヴ』や『ミッション:8ミニッツ』を思わせる内容だ。タイトルに関してはそのままの"All You Need Is Kill"と報じる向きと、改題され"We Mortals Are"になったと見る向きとがある。ダンテ・ハーパーとジョビー・ハロルドが脚本を手掛ける。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の世界同時公開を控えたトム・クルーズは、現在、ハードボイルド・サスペンス"One Shot"の製作真っただ中。その後はSFモノの"Oblivion"に移るものとみられる。"All You Need Is Kill"はその後、来年下半期に撮影開始か。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【賞レース】ナショナル・ボード・オブ・レビュー | トップページ | 【レビュー】ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:TOKYO発】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事