« 【レビュー】灼熱の魂 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Dec.16-18 »

2011/12/17

【NEWS】米版OLDBOY、その悪役とヒロインは?

現在、スパイク・リー監督のもとで着々と準備が進められている米リメイク版「オールド・ボーイ」(原作は日本の漫画。2003年にはこれをベースとした韓国映画が公開され、高評価を獲得した)。現在までのところ主演にはジョシュ・ブローリンが決定済みで、あとは悪役とヒロインのキャスティングを待つのみとなっている。

最近ではこの悪役に『英国王のスピーチ』で主演男優賞オスカーを受賞したコリン・ファースが決まりそうとの見方も強まっていたが、結果的に彼はこの話を辞退。次なるキャスティングの矛先が注目されていた。

Clive そんな中、この米版「オールド・ボーイ」絡みでスクープを連発してきた映画情報サイトTWITCHが「クライヴ・オーウェンに悪役がオファーされた」と報じている。

オーウェンとスパイク・リー監督は過去に『インサイドマン』でも共闘した間柄。オーウェンがこれを受けるかどうかはまだ分からないが、既に気心を知った仲であることは双方にとってポジティブな要因となりそうだ。

Mia また、おなじTWITCHが続けてヒロインのキャスティングにも言及している。同記事によると製作者側は『アリス・イン・ワンダーランド』や『キッズ・オールライト』で知られるミア・ワシコウスカにオファーを出したようだ(当初はハリウッド版『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラにオファーがいったものの、彼女は辞退している)。

興味深いことにワシコウスカはつい先ごろパク・チャヌク監督のハリウッド・デビュー作"Stoker"の撮影を終えたばかり。ご存じのようにパク・チャヌクは2003年製作の韓国版『オールド・ボーイ』の成功によってその才能を世界に知らしめた存在ゆえ、ワシコウスカは"Stoker"の準備にあたりすでにオリジナル版『オールド・ボーイ』を観ているものと考えられる。人気も実力も兼ね備えたハリウッドの新星女優は、はたしてこのオファーにどう答えるのだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】灼熱の魂 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Dec.16-18 »

NEWS」カテゴリの記事

【劇薬!】」カテゴリの記事

【地域:アジア】」カテゴリの記事