« 【賞レース】ヨーロッパ映画賞発表 | トップページ | 【賞レース】ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード »

2011/12/05

【興行】北米週末Ranking Dec.02-04

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Dec.02-04 weekend 推計

01 Breaking Dawn Part1  $16.9M
02 The Muppets  $11.2M
03 Hugo  $7.62M
 
04 Arthur Christmas 
$7.3M
05 Happy Feet Two  $6.0M
06 Jack and Jill  $5.5M
07 The Descendants $5.2M
08 Immortals  $4.4M
09 Tower Heist  $4.1M
10 Puss in Boots 
$3.0M

■もともと祝日の後という時期はボックスオフィス収益も低迷しがちなもの。とりわけ感謝祭直後となる今タームは全米封切の新作もなく、上映作の全興収の合計は2011年における最低レベルとなった。

■そんな中、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』が3週目の天下を維持。国内における累計興収は2億4730万ドルに達している。製作費は1億1000万ドル。

■2位も先週と順位変わらず、"The Muppets"。やはり先週末の感謝祭を含む連休は家族連れ客にとって絶好のタイミングだったようで、その反動もあり、今週末は62パーセント減のやや急勾配な落ち方となった。それでも製作費4500万ドルはすでに回収しおわり、10日間の累計興収は5600万ドルほど。

■さて、注目したいのは先週の5位から2ランクUPの『ヒューゴの不思議な発明』だ。

Hugo

マーティン・スコセッシ監督が児童向け3Dファンタジーに初挑戦したこの意欲作、数字的にはとりたてて注目すべき点もないが、スタジオ側による上映館少なめのスロー・スタート戦法にて幕を開けた本作は、2週目興行で劇場をさらに563館追加し、現在は1840館で上映中。『ブレイキング・ドーン』の4000館、『マペッツ』の3400館に対して圧倒的な少なさで応戦していることになる。現在までの累計興収は2500万ドルほど。

ちなみに『ヒューゴ』は先週発表のナショナル・ボード・オブ・レビューにて最優秀作品賞を受賞(マーティン・スコセッシも監督賞を受賞)。これで一躍アカデミー賞候補入りする可能性が現実味を帯びてきた。今のところファミリー層を中心とした観客動員が続いているが、肝心なのはむしろこのあと。家族連れが少なくなるタイミングを見計らって、徐々に大人たちも劇場へ足を運びはじめるのではないだろうか。賞レースは体力勝負でもある。息の長い興行展開において配給側がどこまで劇場数を調整していけるのかが鍵となる。

■4位は公開2週目となる『アーサー・クリスマスの大冒険』。先週末と比較した下落率は40パーセントほど。クリスマスがテーマということもあり、スタジオ側はこれから1か月かけての息の長い展開を期待したい構えのようだ。

■さて、5位&6位をすっ飛ばして7位に注目したい。『サイドウェイ』で名高いアレクサンダー・ペイン監督による7年ぶりの新作"The Descendants"は先週よりも2ランクUP。劇場数も180ほど増やし、現在は574館での上映となっている。累計興収は1800万ドル近辺とまだ何とも言えないレベルだが、1館あたりのアベレージに目を向けるといまだに9000ドル越えの高数字が続いている。これは興行ランキング1位の『ブレイキング・ドーン』のアベレージの2倍以上に相当する

Shame■TOP10圏外では、今年のヴェネツィア国際映画祭でマイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞した"Shame"が全米10館にて幕を上げた。過激な性描写を盛り込んでいることからNC-17(17歳以下は観賞禁止)という厳しいレイティングを受けた本作だが、さすがアカデミー賞候補入りも期待される本作だけに、このハードルをものともしない客の入り。1館あたりのアベレージ興収は現在上映されているあらゆる映画の中で最も高い3万6千ドル。これは2週目の"The Artist"(アベレージ3万4千ドル)、同じく2週目の"A Dangerous Method"(3万ドル)を上回る数字だ。

■圏外でもうひとつ注目したいのがウディ・アレン監督作"Midnight in Paris"だ。今年の5月に封切られるや人気が人気を呼びアレンの長いキャリアにおける最高興収(5500万ドル)をもたらした本作が、12月20日のDVDリリースに向けて再び上映館数を260ほど増やしてきた。この動きの裏側にはアカデミー賞レースの最終出走馬が次々と出揃ってくるこの時期に本作の存在感をもう一度印象付けておきたいとの思惑も見え隠れしている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【賞レース】ヨーロッパ映画賞発表 | トップページ | 【賞レース】ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事