« 予告 | トップページ | 【2011】米コメディ映画の潮流 »

2011/12/31

【決定】2011のマイベスト

今年も残すところあとわずか。
大みそかは自宅の大掃除に従事しつつ、ときには近所の介護施設で暮らす
バアサマのもとへ顔を出したりなどもしながら、今年一年に観賞した劇場公開作品の中からベスト10を選出します。

ルールはバトルロワイヤル方式。雑然と並べられたタイトルの中から「劣る!」と感じたものを次々にリング外へと放り出していきます。そうしてようやく年が明けようかという時分、最終的にリング上に立ち残っている10作品が、そのままマイベスト10に落ち着くというわけです。これはある意味、一年の内に脳内へ蓄積された映画煩悩を綺麗サッパリお掃除する除夜の鐘突きのようなものなのかもしれません。

というわけで、この日ばかりは映画のクオリティとか興行成績とかへったくれもないです。単純に自分が好きな映画を選ぶ。ただそれだけ。逆を言えば、皆さまのとても思い入れのある映画をなんの躊躇なく無惨に蹴落としてしまう場面もあるやもしれません。しかしながら、どうか今日だけは、ぜひ温かい目で見守っていただければ幸いです。

Battleroyal

200520062007200820092010

11:55 p.m.

■□■□■□■□■□■□■□■□

以下のように決定しました。

Thetreeoflife 01 ツリー・オブ・ライフ

 

Maryandmax 02 メアリー&マックス

Red 03 赤い靴 デジタル・リマスター・エディション

 

127 04 127時間

Incendies09 05 灼熱の魂

Kings 06 英国王のスピーチ

Sourcecodemovie 07 ミッション:8ミニッツ

Biutiful02 08 BIUTIFUL

Swan 09 ブラック・スワン

Town 10 ザ・タウン

■□■□■□■□■□■□■□■□

【リング外】

109作品脱落

【11位~15位】マネーボール、猿の惑星:創世記、ハリー・ポッターと死の秘宝Part2、さすらいの女神たち、ワイルド・スピードMEGA MAX
 


【16位~20位】
僕たちのバイシクルロード、アリス・クリードの失踪、50/50、ハンナ、探偵はBARにいる

【21位~38位】
愛する人、X-MENファースト・ジェネレーション、 神々と男たち、トゥルー・グリット、ファンタスティックMr.Fox、キャプテン・アメリカ、アジャストメント、トスカーナの贋作、サラエボ 希望の街角、ヒアアフター、インシディアス、ゴーストライター、ウッドストックがやってくる、キッズ・オールライト、ラビット・ホール、ザ・ファイター、イリュージョニスト、
ブルーバレンタイン

リアル・スティール、Peace、スーパー8、わたしを離さないで、アンストッパブル、ソーシャル・ネットワーク、アメイジング・グレイス、シリアスマン、婚前特急、人生ここにあり、トランスフォーマー3、おじいさんと草原の小学校、モールス、ミッション:インポッシブル4、サラの鍵、無言歌、

ピザボーイ、タンタンの冒険、明かりを灯す人、家族X、ふたりのヌーヴェルヴァーグ、スカイライン、奇跡、エンジェルウォーズ、ブローン・アパート、ナルニア国物語第3章:アスラン王と魔法の島、グリーン・ホーネット、パラノーマル・アクティビティ2、悪魔を見た、ラスト・エクソシズム、三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船、
トーキョードリフター、ブリューゲルの動く絵、friendsもののけ島のナキ

デュー・デート、完全なる報復、MAD探偵、スリーデイズ、小さな哲学者たち、いのちの子ども、マイ・バック・ページ、
光のほうへ、ラスト・ターゲット、スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団、お家をさがそう、名前のない少年、脚のない少女、ブンミおじさんの森、コリン、ヤコブへの手紙、しあわせの雨傘、ミツコ感覚、ブリッツ、レジェンド・オブ・フィスト、テンペスト、レッド・バロン、ジュリエットからの手紙、ランナウェイズ、台北の朝、僕は恋をする、木漏れ日の家で、ラビット・ホラー3D、デッドクリフ、

インモータルズ、一命、僕たちは世界を変えることができない、ハウスメイド、未来を生きる君たちへ、モンスターズ地球外生命体、ハングオーバー2、ゲンズブールと女たち、ソウル・キッチン、アンノウン、孫文の義士団、イップ・マン葉問、RED、マイティ・ソー、ランゴ、

●ワースト5

SOMEWHERE
パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉
さや侍
ウォール・ストリート
グリーン・ランタン

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }" reinitswf="function () { return eval(instance.CallFunction("

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "

")); }">

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 予告 | トップページ | 【2011】米コメディ映画の潮流 »

今年のベスト」カテゴリの記事

今年のベスト(2011)」カテゴリの記事