« 【NEWS】マイティ・ソー2の新監督、内定 | トップページ | 【NEWS】今年の違法ダウンロード回数NO.1作品は? »

2011/12/26

【興行】北米週末Ranking Dec.23-25 UPDATE

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Dec.23-25 weekend 推計→更新版ver.2

01 Mission:Impossible 4  $29.5M
02 Sherlock Holmes 2  $20.26
03 The Girl with the Dragon Tattoo  $12.75M 
04 Alvin and the Chipmunks 3 $12.6M
05 The Adventures of Tintin  $9.7M
06 We Bought a Zoo  $9.45M

07 War Horse $7.5M
08 New Year's Eve  $3.3M

09 The Darkest Hour $3.0M
10 The Muppets
$2.15M

*順位、興収ともにVer.1から若干変動しております。

■今年最後の興行レポート。クリスマス休暇にともなう集客効果で少しは映画興行も活気づくかとみられたが、その実、それほど盛況とも言いきれない結果に終わっている。アメリカでは月曜日も休日になるので、各種興行レポートでは金~月の4日間を対象として扱うものも多いが、ここでは定点観測として変わらず金~日の3日間興行を見つめてみたい。観客層別のデータなどはまだ出揃っていないようなので、こちらはおいおい追記していくことにする。

Ghost■首位に躍り出たのはトム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』。12月16日よりIMAX劇場で先行上映された本作は、火曜日には全国の劇場へと拡大頒布。ピクサー・アニメ『Mr.インクレディブル』のブラッド・バードがはじめて手掛ける実写映画という触れこみも相俟って、その劇場ならではのスケール感、笑いとシリアスの緩急、シリーズお馴染みのガジェット感覚がなかなかの評判を呼んでいる。

主演のトムといえば、TV番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」での奇行以来、米市民からの人気に大きな翳りを見せ始めていたが、ここにきてようやく再起へ繋がるきっかけを掴めたようだ。

本作の累計興収は5900万ドル。月曜日までには累計興収7200万ドルに達するものと見られており、最近のトム・クルーズ主演作『ナイト&デイ』の最終的な米興収が7600万ドル、『ワルキューレ』が8310万ドルだったことを考えると、人気シリーズの再登板と言えども相当な復活ぶりであることが伺える。本作の製作費は1億4500万ドルほど

■『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』は2位に後退。興収は先週末に比べると55パーセントの減少となった。10日間の累計興収は7660万ドル。『アルビンとチップマンクス3』は先週末比43パーセント減とやや下げ止まりが働いている。累計興収は5000万ドルを超えたあたり。

Dragon ■デヴィッド・フィンチャーが放つハリウッド・リメイク版『ドラゴン・タトゥーの女』は4位スタート現時点で3位となった。水曜日に封切られた本作は日曜日までの5日間で興収2100万ドルに達するものと見られる。本作はフィンチャー映画の根強いファンはもちろん、あとはオリジナルが北欧映画なだけにヨーロッパでの興行にも期待が持てる。製作費は9000万ドル。

■スピルバーグがはじめて3Dアニメに挑戦した『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』はヨーロッパでの興行をひとまわりして、ようやくアメリカでのデビューとなった。ベルギー生まれの人気原作ゆえ、アメリカでの知名度からするとこういうことになるのだろうか。ちょっと物足りない気もするが、ただし本作はすでに世界で2億4000万ドルを稼ぎ出している。こういう先行きを充分に見込んだ上でヨーロッパ先行展開が仕掛けられたわけである。

■日曜日(25日)に封切られたスピルバーグのもうひとつの公開作『戦火の馬』は予想を大きく上回る高稼働を見せつけた。2時間半という長さと2300館レベルの上映規模であるにも関わらず、たった1日だけで興収750万ドルを記録。来週までには『タンタンの冒険』を上回ることになりそうだ。

■『あの頃、ペニー・レインと』などで知られるキャメロン・クロウ監督最新作"We Bought a Zoo"(邦題は『幸せへのキセキ』だそうです)は、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンらを配したキャスティングやクロウによる堅実なディレクションもあって評価は高いもののそれに興収が伴っておらず、3日間の稼ぎは780万ドル945万ドルほど。

■日曜日に封切られた"The Darkest Hour"は9位スタート。25日の興収は300万ドル。

■なお、TOP10圏外ではヴィム・ヴェンダース監督による3Dドキュメンタリー『pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が3館にて封切られ、1館あたりのアベレージ2万ドルを超える集客の強さを見せている。一方、53館まで劇場数を増やした"Tinker, Tailor,Soldier, Spy"も、今なおアベレージ1万3千ドルに迫る強さを見せている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】マイティ・ソー2の新監督、内定 | トップページ | 【NEWS】今年の違法ダウンロード回数NO.1作品は? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事