« 【決定】2011のマイベスト | トップページ | 【2012】ごあいさつ »

2011/12/31

【2011】米コメディ映画の潮流

コメディは社会を映し出す鏡である。かつてはエディ・マーフィやらジム・キャリーやらアダム・サンドラーらが持ち前のカリスマ性を全開に牽引してきたこの手のジャンルだが、いまや俳優一人に頼りきりのビジネスモデルは終焉を迎え、リスク分散型へと移行しているのは周知の通り。それは“スタンドプレー”に対する“チーム・プレー”と呼ぶこともできるだろう。とりわけ『ハングオーバー』シリーズはその典型といえる。

Comedy
そんな中、2011年の米興行では『ハングオーバー2』が批評家の酷評を押しのけて力強い興行を見せつけた。また、日本未公開の"Bridesmaids"はまさに「『ハングオーバー』の女性版」とも評されるドギツくも胸のすく新しい笑いを劇場へと持ち込み、ノーシードながら誰もが予想だにしない大ヒットを記録。ゴールデングローブ賞の作品賞(コメディ&ミュージカル部門)にもノミネートされるに至っている。これにキャメロン・ディアス主演の"Bad Teacher"を加え、今年は「R指定」コメディが人気を確立した年とも言えそうだ。つまりは全てが細分化されゆく現代の潮流にふさわしく、“笑い”も大人向けと子供向けとに棲み分けが行われているわけだ。

Comedy02
また、これに加え、今年はスティーヴ・カレル主演の『ラブ・アゲイン』や芸達者が揃い踏みの『モンスター上司』といった作品もなかなかの高評価を納めている。

50
そして、大手スタジオではないインディペンデントの潮流から『50/50』が生まれたことも特筆すべきだろう。通常ならば“闘病モノ”としてヒューマンドラマの範疇に分類されがちな本作だが、脚本家ウィル・レイサーは若くしてがんの闘病を余儀なくされた自身の体験をユーモアたっぷりの筆致で描き出した。また彼の友人でもあるセス・ローゲンが率先して製作に乗り出し、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット(もともとはジェームズ・マカヴォイがキャスティングされていた)、アナ・ケンドリックス、ブライス・ダラス・ハワードといった若手実力派がガッチリとタッグを組んで臨んだという流れは、ハリウッドにおける新しいクリエイティヴのかたちなのかもしれない

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【決定】2011のマイベスト | トップページ | 【2012】ごあいさつ »

今年のベスト(2011)」カテゴリの記事