2011年3月 4日 (金)

【レビュー】アジャストメント

『ブレードランナー』や『マイノリティ・リポート』をはじめ、今なお原作小説が次々と映画としてリニューアルを遂げ、時代と共にその価値を更新していくフィリップ・K・ディック。彼の「ユービック」がミシェル・ゴンドリーにより映画化されるとの情報が流れ、また一方で『ブレードランナー』が30年越しに再起動されることも明らかにされた今、54年に発表されたほんの小さな物語「調整班」のもつインパクトはそれほど強くないように思われていた。

実際、マット・デイモン主演で完成した本作を紐解いてみてもディック特有の未来世界の風景はひとつも登場しない。なにしろ舞台は現代なのだ。いまそのままのニューヨークやブルックリンの街並みが映し出され、なんら“先駆け的ビジョン”は描かれない。

だが、今思うとこれそのものが大きな仕掛けだったことに気づくのだ。ありのままのロケーションを生かしつつ、使用されるVFXもごく最小限。そんな中でいかに独創的なSFストーリーが機能し得るか。その命題に答えた本作が充分過ぎるほどの驚きと付加価値を伴ってスクリーンに現前化した時、僕は思わず目頭が熱くなった。3Dだとか技術力だとか映画館はもう古いだとか、まことしやかに語られるそれらの戯言を全部すっ飛ばして、『アジャストメント』はディックの残した原作のごとく50年先も100年先も変わらぬ存在感を行使できる普遍的物語としてしなやかな身体を獲得している。

Adjustment_bureau_2 

続きを読む "【レビュー】アジャストメント"

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010年05月公開作品 | 2010年06月公開作品 | 2010年07月公開作品 | 2010年08月公開作品 | 2010年09月公開作品 | 2010年10月公開作品 | 2010年11月公開作品 | 2010年12月公開作品 | 2011年01月公開作品 | 2011年02月公開作品 | 2011年03月公開作品 | 2011年04月公開作品 | 2011年05月公開作品 | 2011年06月公開作品 | 2011年07月公開作品 | 2011年08月公開作品 | 2011年09月公開作品 | 2011年10月公開作品 | 50音順タイトル | BOOKS | memo | movie festivals | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 全米BOX OFFICE | 旅の記録 | 映画業界 | 追悼デニス・ホッパー