2011年9月26日 (月)

【レビュー】さすらいの女神たち

旅芸人の記録である。かつて家族や仕事、友人らもみんな捨てアメリカへ渡った男ジョアキムが、彼の新たな家族とも言うべき一座を引き連れフランス巡業にやってくる。メンバーはふくよかな女性たちと、オネエ系の男の子。彼らはみな多少なりともオゲレツなショーで観客をパワフルに魅了し、連日の公演は大盛況を納める。このままツアーは順調にj続いていくかに見えたが、ひとりジョアキムだけが浮かぬ顔。どうやら夢にまで見たパリ公演の会場が決まらないようなのだが…。

Ontour_420 
いまや映画俳優として世界中に知られる存在となったマチュー・アマルリックが、こと映画作りに関してこれほど秀でた人であったことは。その才能はコミカルで情熱的な本作でも、ほんのファーストショットを目にしただけで充分に伝わってくる。

真っ暗な部屋に明かりが灯る。カメラは据え置きで動かない。現われたのはひとりの女性。背後には横長の鏡、備え付けの椅子、メイク道具一式。そこが楽屋であると瞬時にわかるアイテムばかり。ふとカメラの背後の部屋にも明かりが点く。カメラの死角で見えないはずのその部屋の拡がりを、鏡の存在が自ずと浮かび上がらせる。そうやって視界は拡がりを増す―。

われわれは順を追ってこの部屋の奥行きを把握することができる。カメラの位置としてこれ以上の答えは存在しないだろう。このあまりに精密な目線の決定、語り口のあり方に嘆息すらこぼれてしまう。

ここから発展していく各シークエンスを見ても、あるいは全体を通しても、同じような手法がまるでアマルリックの流儀や作法でさえあるかのように貫かれている。ひとつの切り口から徐々に間口を広げ、全体像を把握していく。一見コミカルなようでいてその実、繊細かつ丹念でさえある語り口によって、僕らは最終的にこのジョアキムという主人公の抱える悩みと、屈辱の過去、そしていま彼が共に生き抜くファミリー=一座たちへ注ぐ限りない慈しみを、先のカメラのように空間把握的に受動することができる。

カメラが見せる部分と、見せない部分。そしていつしかそれが鮮明に浮かび上がる展開時に、カメラが“あるべき場所”にあるということ。これらすべては冒頭の楽屋シーンの応用のように思えてならない。またその呼吸の繋ぐ被写体と観客の親密な関係性が、知らず知らずのうち我々の体内に本作への限りない愛情を育ませるのだろう。

本作のマチュー・アマルリックは2010年のカンヌ映画祭で監督賞を受賞した。

この映画のあまりに静かなクライマックスを目にしながら、ふと授賞式の映像が頭をよぎった。劇中、およそ賞とは無縁の破天荒なステージを繰り広げる一座が、あのときばかりは皆、“ありえない場所”を“あるべき場所”に転換させて、カンヌの壇上に勇壮と立っていた。そのことに胸熱くなるものを感じたのだった。

根無し草のようで、根無し草ではない。少なくともカメラは自ずとそう肯定している。

彼らのツアーは、あるべき場所を探し求める、いわば“巡礼”のようなものだったのかもしれない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年9月25日 (日)

【レビュー】ワイルド・スピード MEGA MAX

先日久しぶりに逢った米国在住の友人が「"Fast Five"が凄いことになっている」と興奮気味に話してくれた。この方、普段は滅多にこのようなド派手なアクション・エンタテインメント系は観ないのに、この『ワイルドスピード』最新作には大きな勇気を貰ったんだそうだ。その賞賛の言葉はまるで人生についての教訓のようでもあった。

「もうダメだ!限界だ!と思っても、まだ先がある。決して終わりじゃない。彼らはとんでもない方法で、追手の追跡やピンチを乗り越えてみせる」

この話を聞きながら僕はひとり、ゼノンのパラドックスのひとつ「アキレスと亀」に想いを馳せていた。亀を追いかける俊足のアキレスがどれだけ差を縮めようとも、縮めた距離と時間の分だけ亀は更なる遠くへと逃れており、計算上、アキレスは絶対に亀に追いつけない。

もちろん、現実には成立しない。ゆえに数学上の“パラドックス”として用いられる学説である。しかしそれを見事に証明してみせたのが計算式ではなく、他ならぬ“映画”、それも『ワイルド・スピード』であったとは、紀元前400年代に生きたゼノンもビックリである。

Fast_five
そんな“絶対にあきらめない映画”こと『ワイルド・スピード MEAGA MAX』。

ストーリーは前作のクライマックスから直結。囚人輸送のバスを大破させ、仲間を救出するところから幕を開け、次の瞬間、一味はブラジルのリオで潜伏生活を余儀なくされている。そこで舞い込んだ新たな仕事をきっかけにこの街を牛耳る権力者と敵対することに。時を同じくしてアメリカからは最高のFBI特別捜査官が強力チームを引き連れリオへと舞い降りる。果たして彼らは、このふたつの勢力の執拗な追跡から逃れられるのか!?

これがアメリカで封切られたとき、あらゆるメディアがこぞって驚きの声を上げた。「相変わらずスピード野郎の最新作なんだけど・・・なんだか様子が違う!最高に面白くなってる!」。そんな声に誘われるように次から次に観客が集まり、アメリカだけで興収2億ドル超えの大ヒット。秘訣は3つある。ひとつはそれぞれに技能を積んだ仲間が集まり、一丸となってヤマに挑むという『オーシャンズ11』的な新機軸の構成。

次に、アクション描写が従来のスピードぶっ飛ばし系にとどまらず、“フランチャイズ化”の名にふさわしいもっと多角的な構成へと移行していること。それによってバラエティに富んだアクションを繰り広げたあげく、そのすべての支流の合流地点であるかのようにメインディッシュの市街地カーチェイスが降臨する。その狂気じみた迫力ときたら筆舌に尽くしがたい。しかもここでは当事者のみならず、市民の目線をフィーチャーしたリアクション映像も数多く挿入され、目隠しされた馬たちによるトゥウィンクル・レースではなく、街の細部までをワイドに組み入れた有機的な仕上がりになっている。

そして3つめ。最大のポイントはやはり、この二人の対決にあるのだろう。

Vs
ヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソンのガチンコ対決である(ひとり2役じゃないよ!)。まるでWWEのメインマッチのような顔合わせ。逃げるディーゼル、追いかけるジョンソン。序盤、スラム街で繰り広げられる逃走劇にて、ふたりは一度、リングを思わせる四角い屋根の上で対峙する。一瞬、「おっ、やるのか?」という緊張に包まれるのは彼らだけでなく、観客も。たしかに彼らの肉弾戦はすごい迫力なのだろう。だがそれにも増して観客をドキドキさせるのは、彼らがひとたび相まみえれば、映画のビジュアル上、どちらがどちらなのかもはや判別がつかなくなることへの懸念ゆえである

ふたりをキャスティングした以上、対決は避けられない。それはどこかで必ず巻き起こる。ではどこで?どんなタイミングで?さあ、しっちゃかめっちゃかになる覚悟はいいだろうか。混乱する前に覚えておいたほうがいい。ヒゲのあるほうがドウェイン・ジョンソン、捜査官のほうだ。

ちなみに本作にはクライマックスにサプライズが仕掛けられているという。このことを知らされたとき、僕は反射的に「ヴィンとドウェインが、実は生き分かれた兄弟だったりして!?」と絶対にあってはならない筋書きを封じる意味で勝手に予測したのだが、安心していい、そいつは裏切られた。もっと別の、シリーズの今後の展開を思わせるくだりが、エンドクレジットのさなかに挟まれているのでお見逃しなく。

パラマウント、ディズニー、ワーナーがアメコミ映画との息長い多角展開を画策しているように、『ワイルド・スピード』はユニバーサルにとっての願ってもいない多角的なドル箱シリーズになり得ている。今後も彼らはどんどんスピード野郎の色調を変え、ド直球のアクション・エンタテインメントを目指していくとの情報もある(すでに始動し始めている6作目もまたおなじジャスティン・リン監督がメガホンを取る)。

それにしても僕が考える何よりの凄さというか、抜け目のなさは、本作が白人のみならず、黒人、南米、アジア系と、アメリカに暮らすあらゆる人種の構成要素に対して訴求力を発揮している点である。それに加えて、いまハリウッド映画が最も恩恵に預かる国のひとつ、好景気に沸くブラジルにスポットを当てるといった設定も巧い。となると、次回作のメイン舞台は中国か、あるいはロシアだろうか。

ともあれ、どんな展開に発展しようとも、本シリーズがある限り“ゼノンのパラドクス”は成立しつづけ、また、なにがあっても限界を乗り越えていく構成は、これからも友人をはじめ多くの人々の勇気をがむしゃらに奮い立たせていくのだろう。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年9月18日 (日)

【レビュー】ラビット・ホラー3D

『呪怨』などと、もはやこうして文字にすることさえ憚られる恐怖映画を世に放った清水崇監督が、なんと今度は3Dでホラーを描くというのだから、普段ある程度の恐怖描写は慣れっことなっている筆者も試写場前で思わず足がすくんだ。ひとたび足を踏み入れればもう後戻りはできない。俺にその覚悟はあるのか…?

物語はとある“殺害”から幕を開ける。殺されたのは、一匹のウサギ。

満島ひかり演じる主人公は図書館司書として小学校で働いている。冒頭から図書館内の静けさの中で彼女の身振り手振りが映し出される。そこに声は伴わない。どうやら彼女は幼いころに言葉を失ったようだ。とすると背後に響くナレーションは彼女の心の声といったところか。

彼女には幼い弟がいる。同じ小学校に通うその子は、ある日、瀕死の淵で苦しむウサギを自らの手で死に至らしめ(それが彼なりの“優しさ”だったのだろう)、それをきっかけに同級生らから奇異な目で見られる日々が続いていた。

ある日、弟は姉に告げる。「ウサギが来る!」。夢の中で、物置の中で、そして小学校まで、でっかいウサギの着ぐるみを着た何者かがその身に追り、そして弟をあっちの世界へと連れていこうとする。愛する弟のため姉はその襲来を必至で食い止めようとするのたが―。

ウサギ。たしかにマスコットとしては可愛らしい。しかし見方によっては表情ひとつも変えないウサギがグングン一直線に迫ってくるのは恐怖である。それは無表情と同じこと。何を考えているのかわからない。人間にとって最大の恐怖とは、それらの“意志疎通を測れない存在”との対峙を余儀なくされることなのだろう。それに清水作品特有の落ち込んだ穴の「底の知れなさ」が付きまとう。奥深くまで潜り込んでいってもまだ底が見えない「物置き」の描写などはその顕著たるもの。これは人間の深層心理の象徴でもある。その果てで目の当たりにする「鏡」の3D表現も極めて、不気味な様相が手をこまねいて待ち構える。

そもそも3D現代史を紐解くと、ハリウッドの3D映画製作者ではいつの間にか「飛び出しは無用」とする暗黙の了解が出来あがっていた。だが「不思議の国のアリス」の“ウサギの穴”をもじったタイトルを持つ本作は、それらの決まりごとの束縛を振り払い、奥行きから観客席へと果敢なる跳躍を挑んでくる。もはや清水作品におけるスクリーンは、観客を恐怖演出から守る絶対安全ラインなどではなくなった。

またこれらの撮影を手掛けるのがウォン・カーウァイ作で知られるクリストファー・ドイルというのも惹かれる部分だ。なぜなら、ドイルを起用することは製作現場が更なる“モンスター”を背負うことでもあるからだ。

監督以上に自らのビジョンやインスピレーションについての自己主張の激しいドイルだけに、今回の現場でもかなり意見を戦わせながらの撮影だったようだ。が、映画とはそもそも個性と個性の衝突、そこでのビッグバンよって初めて生まれ出るもの。

完成した映像からは人間の心理を深く覗き見る一本の思考の道程が、ありありと浮かび上がっている。ドイルの魔力をなんとか飼いならした清水監督の新たな映像は、『呪怨』に比べファンタジー性さえも兼ね備え、直接的ではないにしろ、幼いころ感じたゾワゾワした恐怖を呼び覚ますかのような視覚的趣向をもふんだんに詰め込んでいる。

怖いんだけれど、観ていて楽しい。アトラクションとまではいかないが、ライド感がある。そして実験的とも思える試みも。とりわけ本作には、主人公らが3D映画の中で更なる3D映画を観賞するという極めて難易度の高いシークエンスも登場し驚かされた。この3Dを二乗したかのような演出は恐らく世界初なのではないだろうか。この遊び心がどのような仕上がりを見せているのかもぜひチェックしてもらいたい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年9月11日 (日)

【レビュー】グリーン・ランタン

Lantern 芸歴でいえば、多くのヒーローが彼のことを「ランタン先輩!」と呼ぶべきなのだろう。1940年にコミック初登場といわれるグリーン・ランタンは、38年組のスーパーマン、翌39年組のバットマンに続くDCヒーローの古株。ザ・フラッシュとは同期で、ワンダー・ウーマンは41年の後輩。所属事務所の違うマーベルでは41年にキャプテン・アメリカが登場し、映画でおなじみのX-Men、スパイダーマン、アイアンマン、マイティ・ソー、ハルクなどに至ってはみな60年代生まれで、ランタンとは親と子ほど年期が違う。「先輩」ではなく、むしろ「師匠!」と頭を垂れることも必要かもしれない。

マーベル陣営が所属事務所のタレントを大量に扱ったアイドル(?)・ユニット「アベンジャーズ」(2012年7月公開)を起動させる中、DC陣営も負けてはいられないとワーナー・ブラザーズのもとで「ジャスティス・リーグ」の映画化を構想中と聴く。そのためには現時点でノリにノッているバットマンに加え、スーパーマンを再び軌道に乗せ、さらにはランタン、ザ・フラッシュ、ワンダー・ウーマンを新たなソロ活動へと向かわせねばならない。

・・・これらの流れを観ていると、ほんとうに裏で秋元康が手を引いているのではと勘繰りたくもなる。

とにもかくにも、ランタン先輩を映画(ソロ)デビューさせることは所属事務所にとって悲願ともいうべき所業だった。が、どう贔屓目に見ても彼のヒーローとしての個性は現代の潮流から大きくハミ出ている。本来なら彼は他の作品と同様、映画化されるにあたって、“リアル”を合言葉にするような大胆な現代風アレンジを施されてしかるべきだった。今やこの手のジャンルはもはや偶像崇拝のレベルを越えて進化しており、ヒーローという“超日常”と我々の地に足ついた“日常”との連結部分(世界観)の創造こそが重要視されているからだ。

ランタン先輩の世界観はあまりに広大だ。宇宙にだって果敢に飛び出し、しかも先輩のごとく緑のコスチュームを身にまとった輩は宇宙全体におびただしい数存在する。また時おり、非常招集がかかっては中心となる惑星まで馳せ参じ、「ランタン!ランタン!」と団結心を表明しては新興宗教のごとく謎の光線を皆で照射させたりもする。警備隊のような役目を持つ彼らは日夜その特殊能力を駆使して悪を懲らしめ、宇宙の治安を守っているのだそうだ。そのキャラが人間のそれとは違った“動物タイプ”のもの(ある意味、ギニュー特戦隊)が多いのも我々がキャラに馴染めない理由なのかもしれない。またランタンに変身するハル・ジョーダンに関しては、他のDCやマーベル・ヒーローたちのように自らの存在論的命題に打ちひしがれるような心理的側面は一切見当たらない。

Greenlanterncorps
敵キャラに至ってはもっとすさんでいる。それはグリーン・ゴブリンやゾッド将軍、ジョーカー、ミスティークのようなキャラ立ちがハッキリとしたものではない。ひょんなことから頭部を肥大化させた研究員が暴走して人を襲ったり、あるいは宇宙からは姿カタチの定まらない、もはやひとつの“概念”とも呼ぶべき敵が舞い降りてくる。こんなものとどう戦えというのか。映画としてのケリの付け方がさっぱり予測できず、自分がただただ不安に苛まれていくのが感じられた。しかもランタン先輩の戦い方に至ってはこれらの敵と対峙するのにパンチやキックのみならず、最大級の「イマジネーション」を駆使するときたもんだ。うーん、いま書いてる俺の文章すら漠然としてきた…。ランタンめ!

かくも『グリーン・ランタン』は、現代のヒーロー復興の潮流からするとどこか漠然としすぎている。だが、一本の映画を、ひとりの人格を、取るに足らないと掃いて捨ててしまうのはいとも簡単なことなのだから、あえてその裏側にあるものを考えてみたい。なぜ1940年という時代にこんな突拍子もないヒーローが生まれたのか。しかも目の前に突きつけられた第二次大戦のきな臭さよりもそのもっともっと空高くにそびえる“漠然”に想いを馳せるようなこの世界観。しかもスーパーマン、バットマンに比べると、どこか主人公の暗さが払しょくされている。さらには国際連盟が機能不全に陥っていた時代、ここでは選挙を経た国家の代表者ではなく、「真の勇気を秘めた者」を惑星の代表として召還し、平和維持の連合体が形成されている―。

2011年に生まれた新芸人としてはからきし落第点だが、彼が芸歴71年目の師匠格であることにあらためて想いを馳せるとき、師匠の生きた激動の時代において人々がエンターテインメントに何を求めたのかという疑問への一筋の光、重要なサンプルを提供してくれることは、少なくとも意義あることのように思える。

【興収データ】2011年6月17日に米公開/初登場NO.1/製作費2億ドル/米国内興収1億1630万ドル/世界興収2億1450万ドル

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年9月10日 (土)

【レビュー】探偵はBARにいる

主役は大泉洋。ハードボイルドやフィルムノワールに付き物の“ファム・ファタール”には小雪。これらの名前が並び、しかも舞台は北海道随一の歓楽街ススキノとくると、これはもう某ウィスキー・メーカーが裏で事件を操っているとしか言いようがない。ひとりだけ「トリス!」と叫ぶべき女の子がいないなと思っていたら、途中で案の定、カメオ的に顔を出した。やっぱりこの事件の犯人は、ウィスキーだ!

…などとブラックニッカを呑みながら、多少イイ気分になって書いている。

東直己のススキノ探偵シリーズ「バーにかかってきた電話」(ハヤカワ文庫)の映画化である。東映作品として大ヒットを飛ばした劇場版『相棒』のスタッフが再集結して手掛けているのだとか。こちとら恐縮ながら「相棒」のドラマも映画も観たことがない。そんな僕ですが、楽しめるでしょうか?とお伺いを立てるようにして見始めて、開始早々ノックダウンを食らった。雪降りしきる繁華街を駆け抜け、大泉が、松田龍平が、裏社会の人たちとかなり気合の入った乱闘シーンを見せつける。かと思えば、つづくステージではカルメン・マキが昭和を感じさせるバラードを弾き語る。この寒暖の差。実に久々に身の震えを感じた。

私立探偵の“俺(大泉)”の本拠地は一件のバーだ。そこの指定席で飲みながら、化石のような黒電話から依頼人の助けを求める声が響いてくるのをひたすら待つ。相棒には大学生にして格闘技の使い手、高田(松田)。

ある晩、謎の女性からかかってきた一本の電話がかつてないミステリーの重い扉をノックする。まさかこの向こう側に、街全体を呑みこむ“とある事件”を解くカギが隠されていようとは―。

かといって、本作には謎とき、どんでん返しといった面ではそれほど目新しい面は見当たらない。見どころはもっと別にある。僕がこの映画に「なるほどなあ」と唸ったのは、そこに探偵の捜査方法としてはあまりに基本中の基本である「仮説を相手に直接ぶつけ、その反応を探る」といった手法がしっかりと描かれていたことだ。そこで相手の顔にどんな感情が浮かぶのか、その一瞬の真実から背後にある真相を読み解いていくというわけ。

これはともすれば、あまりにアナログな推理術といえるのかもしれない。が、少なくとも“映画”という表現手段においては極めて役者冥利に尽きる設定といえるだろう。なにしろ(大泉をはじめ)俳優という生き物は常日頃から演じる相手との空気の変化を敏感に察知して生きる人たちなのである。それはもはや特殊能力であり、それを駆使する限りにおいてそこに虚構性は発生しない。彼らが生存本能的に身に着けているそれらの能力の応酬がとてもユニークかつ緊張感ある間合いを生み出している。

そして北海道にまだ一度も足を踏み入れていない者としては、やはりこの舞台のあらゆる場所が目新しく、東京などが舞台であるよりもずっとずっと、この街の喧騒に浸りこむことができた。

東映さん、もし可能であれば『相棒』の映画版公開の狭間を縫うように、プログラム・ピクチャー的に「探偵BAR」シリーズを続けていっていただけないだろうか。VFX満載の特殊効果なんて必要ないのだ。相棒の高田がずっと食べ続けている北菓楼のおかきのごとく、大泉&松田の凸凹コンビは観ていて病みつきになる。そして彼らのナチュラルなやり取りは驚くほどスクリーンに映える。そして僕はもっと、北海道を舞台にしたミステリーが観たくてたまらない。

これは思わぬ金脈を掘り当てたと言えるのでは?

追記:封切1週間にして早くも続編製作が決定しました!次回はどのエピソードが映画化されるのでしょうか?

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

2010年05月公開作品 | 2010年06月公開作品 | 2010年07月公開作品 | 2010年08月公開作品 | 2010年09月公開作品 | 2010年10月公開作品 | 2010年11月公開作品 | 2010年12月公開作品 | 2011年01月公開作品 | 2011年02月公開作品 | 2011年03月公開作品 | 2011年04月公開作品 | 2011年05月公開作品 | 2011年06月公開作品 | 2011年07月公開作品 | 2011年08月公開作品 | 2011年09月公開作品 | 2011年10月公開作品 | 2011年11月公開作品 | 2011年12月公開作品 | 2012年02月公開作品 | 2012年03月公開作品 | 2012年04月公開作品 | 2012年05月公開作品 | 50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界 | 総集編 | 追悼デニス・ホッパー