2011年11月 9日 (水)

【レビュー】マネーボール

昔からプロ野球は嫌いだった。幼いころ大好きな番組がどれほど野球中継で潰されたことか。いつも「雨になれ!」と願っていた。いまだにバットの振り方も知らない。「ボールをよく見て打て!」ってアドバイスされてもその意味が分からない。今の運動神経ではフライもまともに取れやしないだろう。

そんな俺が、今ではどうだ。『マネーボール』を観ただけですっかり野球の専門家にでもなった気分に浸っている。ここまで引きこまれた理由は明らかだ。この映画が野球のウンチクや講釈を垂れるようなものではなく、主人公ビリー・ビーンの人生をじっくりと醸成していく深い香りと味わいに満ちていたから。

Moneyball
ビリーはオークランド・アスレチックスのジェネラル・マネージャーだった。かつては鳴り物入りの選手として球界入りしたものの、良い成績が残せず、10年後にスカウトマンに転向。そこでの裏方として能力を発揮し、いつしかGMの地位にまでのぼりつめた。

ヤンキースやレッドソックスなどの強豪とは違い、彼ひきいるアスレチックスは資金力の上で極めて脆弱な球団だった。今年も惜しいところで競り負け、その後のオフではせっかく素晴らしく育った選手が次々に他球団へと引きぬかれていく。空いた穴をどの選手で埋めるか。スカウトマンたちは自分の直感を無根拠に信じ、まるで預言者が博打を打つかのように無名選手の可能性を論じ合う。当然、確たる答えは得られない。ビリーにはそれがうんざりだった。その球界の現状を変えたかった。貧乏球団でも強豪に対抗し得る秘策が欲しかった。

ある日、彼はその“答え”となるべき人物と出逢う。大学を出たばかりの若造にして、跳び抜けたデータ分析能力であらゆる選手の可能性を数字として算出するその男の名は、ピーター・ブランド。「選手じゃなく、君を買う」。いつしか強固なパートナーシップで結ばれた彼らは、周囲の大きな反発に合いながらも、この「マネーボール理論」に基づいてチームを再生させようとするが・・・。

Moneyball02
“深い香りと味わい”を焙煎しえた本作の立役者は、大きく見て3人存在する。

ひとりは昨年『ソーシャル・ネットワーク』でハリウッドで最も注目すべき地位にまで昇りつめた脚本家アーロン・ソーキンだ。またしてもソニー・ピクチャーズ作品で手腕を振るうことになった彼は、原作の中からビリーの人生の支柱を巧みに抽出してみせる。もちろん、いつものソーキン作品らしく、主人公は孤独な闘いを強いられる。だがそれにも増して重要なのは、「マネーボール理論」に挑もうとするビリーの現在と並行して、若き日(選手時代)の彼の挫折さえもノスタルジックに描いてみせる点だ。

この回想パートでわだかまっていく感情こそが、未来のビリーをひとつの決断に踏み切らせる原動力となる。いいかえれば、“若き日の自分”の疑問に対して、“今の自分”が数十年のインターバルを越えてようやく答えを返すという構成になっているわけだ。そうやって人生を一本の線上で集約させていく。その過程が実に丹念に描かれている。

Moneyball03
もうひとりは、ビリーを演じるブラッド・ピット。ここ最近では映画の部品に徹することが多かった彼が、かくも単独主演として久々に主人公の人生を演じきる。映画製作者として裏方に回ることも多くなったせいか、ピットが何よりも俳優としての観察眼を磨き上げていることに驚かされる。これまでのどの演技よりも自然で、構えることなく観客をすんなりとその人生へと導き入れてくれる。

順撮りとは限らない撮影現場でこれほどブレのない一本線を形成していける技。共演者との間に香る絶妙な空気感も然り。さらには演技に没頭すればするほど、彼のもう一つの目線が自らを冷静に俯瞰して見つめている気配さえ感じる。少なくとも、過去のフィルモグラフィーの中で最も演技的に成熟したピットにであることは間違いない。

そしてベネット・ミラー監督。もともと本作は“チェ・ゲバラ”2部作で知られるスティーヴン・ソダーバーグが手掛けるはずだったが、ミラー監督が代打としてボックス入りすることに。『カポーティ』でフィリップ・シーモア・ホフマンに主演男優賞オスカーをもたらしたこの才能が、またもやキャラクターの人間性を入念に引き出していく。奇をてらった手法などなにもない。が、この監督はどんな場面にでも、それこそ狭くひしめき合った会議室や暗い資料室でもグッと観客の主観を引き寄せるドラマを形成できる。まさにスタジアムだけでなく、その舞台裏でも様々な事件や駆け引きが繰り広げられていることを様々な角度から抽出してみせる。

また前作とは体感温度がかなり異なるのも今回の特徴だ。『カポーティ』では常に冷たい隙間風が背中を撫でるゾクっとした気配を感じさせたが、本作ではビリーの一人娘の存在が、つねにどこかから守護天使が微笑みかけているかのような温かな生気をもたらしてくれる。陰から陽へ。寒から暖へ。

Moneyball04
ミラー監督が投入する役者陣も見逃せない。前作の“トルーマン・カポーティ”ことシーモア・ホフマンが髪を短く刈り込み、チームの監督役で出演しているのにも驚かされる。おなじ小太り俳優ジョナ・ヒルも髪をきっちりセットし、これまでのコメディ俳優としての印象を払しょくする存在感でブラピとのコンビネーションを醸成。つくづく映画とはある意味、全員野球なのだなあと思い知らされる。パーツパーツでの仕事ぶりがいかに映画全体を輝かせていることか。

ただし、この映画は80年代に見られたベースボール映画の王道クライマックス=観客総立ち&大歓声とは一線を画すものだ(これは80年代映画だったら、スタジアムでの大団円は欠かせなかったろう)。本作が紡ぐのはあくまで一人の男の人生。そこに大観衆は必要ない。決断するのは自分自身。彼が最後の舵をどの方向へ切りだすのかにこそ、我々は大いに注目すべきなのだろう。

また本作はなにも極度に「データ至上主義」を謳った物語というわけでもない。当時の野球界はこの手法が“異端”と呼ばれるほど伝統主義に凝り固まっており、ビリー一味はそこに大きな風穴を空けようとした。その挑戦こどが要なのだ。何か新たなことに挑むとき、そこには必ず行き先を阻む者が現れる。それを乗り越えようとしてこそ初めてドラマが息づく。つまりはこの『マネーボール』も、多くの先人達が歩んできたのと同じ、普遍的な物語といえそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年11月 7日 (月)

【レビュー】僕たちのバイシクル・ロード~7大陸900日~

旅行記といえば、「東海道中膝栗毛」から沢木耕太郎の「深夜特急」、さらにはチェ・ゲバラの「モーターサイクル・ダイアリーズ」からジャック・ケルアックの「オン・ザ・ロード」や、果てには「水曜どうでしょう」の旅企画に至るまで、様々な名作が存在する。その中にこの長編映画を併記することはた多少なりとも無謀な行為なのかもしれない。

おそらく本作が名作であるか否かは今後の歴史の連なりがじっくりとその答えを熟成していくことになるのだろう。だが、歴史上の一瞬の通過者に過ぎない僕にとってこの映画は、まるで自分を夢と可能性とに満ち溢れた大学生のころに引きもどすかのような心の滋養強壮に満ちており、何よりも観終わった後に「ああ!旅に出たい!」という気持ちがとめどなく込み上げてくる。

Wheel02
『僕たちのバイシクル・ロード』は全くの無名の英国在住の若者たち(従兄どうし)が自転車に乗り込み、カメラを片手に、足掛け3年の月日を経て7大陸を横断していくドキュメンタリーだ。

取材班が同行しているわけではなく、最初から映画化の企画があったわけでもない。ギネスに挑戦しているわけでもないし、厳密にずーっと自転車移動というわけでもない(途中、余裕で列車移動を決め込んだりもする)。ルールは彼ら自身。自分で決めて、自分で実行する。カメラはそんな彼らの話し相手であり、観察眼であり、よきパートナーであり、守護天使。そんなところだ。すべては場当たり的な結果論であり、とりあえず彼らが無事に旅を成し終えたからこそ、今こうして旅日誌ならぬ旅映像の素材を編纂し、第三者(観客)に披露するという地点にまで辿りつけているのだ。

企画、発案、監督、編集、音楽、すべて俺たち。その意味でこれは究極のDIY旅行記といえるだろう。そして、ここでふと頭をよぎるのは、もしもゲバラやケルアックが現代を生きたなら、この若者たちと同じく、やっぱりビデオカメラを片手に旅に繰り出したんじゃないかという思いである。

Wheel03
“伝説の旅人”たちが筆や写真でその情景をヴィヴィッドに記録したように、ふたりの主人公たちが掲げるデジタルカメラは簡単なスイッチの切り替えだけで驚くべき世界の現状を切り取り、膨大な視覚情報を余すとこなく、しかも高画質で保存してくれる。一昔前まではアマチュアの映像をスクリーンで観賞するにはハード的にもクオリティ的にもとてもじゃないが耐えきれない場合が多かったが、今ではこんなにも生々しい世界の呼吸をダイレクトに伝えることができる。魂さえ燃やしていれば誰だってゲバラやケルアックになれる時代なのだ。

その肝心の映像にも見どころが詰まっている。ヨーロッパの幹線道路がやがて鬱蒼とした森林に飲みこまれ、それが再びロシアに近づくにつれ激しい交通量を獲得していく動線が、これまで観客が頭に描いていた地図とはまるで違う図法でもって世界を再生成していく。あの目線、あの角度で見上げた赤の広場。そこから中国へと南下し、テレビカメラも捉えたことの無いような名もなき村の、土砂崩れによって失われたライフラインを目の当たりにする。呆然と立ち尽くす二人。一方、その事態を当たり前のように寡黙に受け流す村人たち。

またどこの村を辿ろうとも、子供たちはいつも好奇心のかたまりのように群れでやって来て、なにを言ってるのかさっぱり分からない言葉と笑顔で旅の疲れをいやしてくれる。

旅はさらに南下し、シンガポールから無賃で船に乗りオーストラリアまで。

そこで金をはたいて、万策尽きたかと思いきや、今度は彼らはこれまでの旅の記録をリーフレットにまとめ、それを手売りして旅費を稼ぐ。その数、数万部(ちょっとした雑誌並みだ)。それが真実かどうかは分からない(すべては自己申告制なので)。だが、それを真っ正直に信じたくなる確たる目線や語り口がそこには存在する。DIY精神みなぎらせる彼らをいつの間にか旅の聖人列に加えてしまいたくなっている自分がいるのだ。この旅人と観客との心の距離のダイナミックな接近こそ、旅行記のもうひとつの醍醐味であることは言うまでもない。

Wheel01
またそのハイライトに位置するシークエンスとして、本作には南極大陸で自転車を走らせるというとんでもない映像が収められている。その隣をトコトコと並走するペンギン君たちのお戯れには、まるでここが全く違う惑星か何かではないかと思わせるほどの異様感というか浮遊感があふれ出る。こんな不思議な映像を体験させてくれて本当にありがとうと、素直にそう思える。

『僕たちのバイシクル・ロード』を観ながら、これだけ世界が瞬時に繋がる時代であっても、僕らにはまだ未体験の景色がおびただしいほど存在することに気づかされた。今の時代、「知ってる」気分になってることがあまりにも多すぎる。もちろんこの映画のスピリットや映像群もそれを実際に「知る」ことにはなりえないが、少なくとも自分が「知らない」ことを知り、それを楽しむ境地に立たせてくれる。

そしてその感動はやっぱり、ゲバラやケルアック、沢木耕太郎から大泉洋に至るまで、多くの先輩旅人たちがもたらしてくれた心の高揚と同種であったと、改めて気づかされるのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011年11月 5日 (土)

【レビュー】インモータルズ

仮にこの映画の観賞直後にゼウスと出くわしたなら、思わず条件反射的に地べたにひれ伏してしまうだろう。あ、いけね、ゼウスって呼び捨てにしたら天からギューンと降りてきて蹴ったくられそうだ。だからゼウス様。そう呼ぶことにしておく。

『ザ・セル』や『落下の王国』で「映像だけは綺麗」王子の名を欲しいがままにしてきたターセム・シンが、今回は有史以前の地上を舞台に、ギリシアの神々と人間との深い関係性の物語を紡ぎだした。それが『インモータルズ』。

Immortals
天上にはゼウス様をはじめ金ぴかにドレスアップしたギリシア神話の神々。地下には封印されしタイタン族。そして地上には「世界も神々もオレが丸ごと全部ぶっつぶしてやるよ!」と威勢を張る不良番長ミッキー・ローク(役名はあるんだが、そのまま呼ぶことにする)の存在が。

そして、忘れてました、主人公には他と比べるとやや存在感が薄い英雄テセウス君。彼はゼウスの寵愛を受けたニンゲン役。上半身の筋肉をムキムキ言わせながらこれを演じるのは次回作"Man of Steel"で新スーパーマンに就任することが決定済みのヘンリー・カヴィルだ。

Immortals20cavill
ストーリーは難しいようで意外と単純。暴君ミッキー・ローク一味が神に逆らいタイタン族を解き放とうとするのを、ギリシア軍総動員、さらには神々まで加勢しながらこれを必死に食い止めようと奔走するというもの。この大騒動をターセムならではの壮大な映像美で描くのだが、これが本当に息を呑むほど美しかったり(冒頭のキューブ内に整列したタイタン族の画など3Dで描くのに打ってつけの名場面だ)、壮大だったり、ロシア正教会の金ぴかのモザイク画のようであったり、果てにはおびただしい数の兵士が細長い通路で刃を交えるスペクタクルや、クライマックスの超音速とスローモーションの合わせ技で展開する激闘シーンは観る者を狂喜乱舞させずにいられない。おそらく過去のターセム作品の中では芸術性とエンタテインメント性との間にいちばんの調和がもたらされた、いわば彼自身がゼウスの寵愛を受けた一作ということができるだろう。

Immortalsmoviewallpaper1024x682
加えてターセムは、その美しさの画竜点睛となるのは残虐なまでに飛び散る深紅の血、と考えているのだろう。この映画のバイオレンスぶりには言葉を失うこともしばしばある。とりわけミッキー・ロークのとことんな残虐性には「次はどんな手で来るか!?」と観客が身構えてしまうほど。かと思えば、今度は神々がしびれを切らし、空の神殿(まるで「ドラゴンボール」の神様宮殿みたいな)より飛来し、一瞬にして人間を文字通り血みどろに“粉砕”してしまったりもする。もう、どっちが残虐なんだか。

Immortals01
で、極めつけは全神々のお父ちゃん的存在であるゼウス様。「人間を助ける、助けない」のすべてのルールを彼が決め、勢い余って手を出した神には自らオンドリャア!と怒りのムチ打ちを食らわす。カッコ良く精悍に決めてはいるけれど、その実、なんて自分勝手な…あ!俺、言ってませんよ!撤回!撤回!

とにかく『インモータルズ』はビジュアル的になかなかの重厚感を見せつけてくれる快作だ。これぞ視覚的カタルシス。ブルーレイを手に入れたならなんども巻き戻して観入ってみたいシーンも数多いだろう。それに石岡さんの衣装デザインはまたしてもそれだけ独立して主役とみなしていいくらい見事だ。

ただ、こうして興奮に酔いしれてる側で、現実世界ではギリシアの経済支援策をめぐり連日にわたって協議が続き、ヨーロッパの金融不安をどう取り除くかの誰もが苦心している。今まさに地下からタイタン族が解き放たれようとしていて、人間界はテセウスの登場を、そしてゼウス様が天上から再びギュイーン!と降臨して怒りのムチをぶちかましてくれるのを、今か今かと心待ちにしているのではないだろうか。

はたしてそのとき、ムチを食らわされるのはタイタン族か、それとも我々ニンゲンなのか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

『ザ・フォール/落下の王国』のレビューはこちら

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

2011年10月公開作品 | 2011年11月公開作品 | 2011年12月公開作品 | 2012年02月公開作品 | 2012年03月公開作品 | 2012年04月公開作品 | 2012年05月公開作品 | 2012年06月公開作品 | 2012年07月公開作品 | 2012年08月公開作品 | 2012年09月公開作品 | 50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界